歴史・人名

前田長種

前田長種(まえだ ながたね)
1550~1631
○甚七郎 対馬守
◇父:前田与十郎種定 室:前田利家
 尾張・織田信長臣。小牧長久手の戦いで羽柴方につき尾張・蟹江城を守るが、徳川・信雄軍に敗れ父は戦死、長種は前田利家を頼った。やがて加賀前田藩の下越中・守山城を守り、幼少の3代藩主前田利常を扶育した。