歴史・人名

泉胤秋

泉胤秋【いずみたねあき(15??~1587)】

通称は大膳。三春城主田村一族で、もとは中津川大膳亮。1585年、最上義光が相馬義胤臣の「伊泉大膳亮」へ宛てた書状が残っているが、この「伊泉大膳亮」が泉胤秋であるとされる。もともと泉胤秋は相馬顕胤の弟堀内近胤の娘を娶り、堀内家を相続していたが、彼女とそりが合わず堀内家を出た。小浜城主畠山伊勢守尚義の娘を娶った。嫡男の泉胤政が泉家を相続したが幼少であったために泉胤秋も相馬家へ属し、泉胤政の後見人として泉大膳と改める。