歴史・人名

阿閉貞征

阿閉貞征

あつじ さだゆき
????~1582
別:万五郎 貞秀 貞大 長之 淡路守
室:井口弾正忠経元女
子:阿閉孫五郎貞大
 阿閉氏は京極氏被官であったが、北近江の実力者浅井氏に台頭を見てこれに臣従する。貞征は姉川の合戦では第3陣として戦っている。しかし浅井氏は敗れ、落目となっていく中、尾張・織田氏家臣木下秀吉の諜略を受けこれに寝返った。浅井氏滅亡後は織田氏家臣明智光秀の部将となり、山崎の合戦では先鋒の一手を担ったが敗戦、一族共に殺された。