確定申告の還付申告の方法 Edit

ほとんどのサラリーマンの方は、勤務している会社側が行う年末調整によって税金の額が確定し、その上納税も完了するので、確定申告の必要はありません。そのため、確定申告自体にあまり馴染みがないのではないでしょうか。しかし、医療費控除や住宅ローン控除など、年末調整の対象とならないものもあり、その場合には確定申告をする事で税金が還付されるのです。

次のような場合には、還付申告をすることができます。 ・会社を中途退職した場合 ・住宅を購入して、住宅ローンがある場合 ・医療費が年間10万円を超えている場合 ・寄付をした場合 ・災害などで損害を受けた場合 還付申告は義務ではありません。しかし、申告すれば税金が戻ってくるのです。還付申告を知らなかったという方は、ぜひ一度自分の所得や税金を見直してみてください。 還付申告は過去5年間までさかのぼって行うことが出来るので、必要な書類や領収書などが揃えば申告をする事が可能です。

確定申告の期間は、毎年2月16日から3月15日までと決まっていますが、所得税の還付申告に関しては1月から受けつけています。早めに還付を受けるためには、早めの申告をお勧めします。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-25 (金) 12:17:42 (2888d)