0o0dグッ

DATA-HTML

これらのキーワードがハイライトされています:フォント

タグ属性説明用途
<!-- -->ソース中にコメントを入れる
<!
<!DOCTYPE>ドキュメントタイプを宣言する
<A
<A>リンクをはる、リンクの出発点・到達点を指定する
<ABBR>略語(頭字語以外)であることを表す
<ACRONYM>略語(頭字語)であることを表す
<ADDRESS>連絡先・問合せ先を表す
<APPLET>JAVAアプレットを挿入する
<AREA>イメージマップの領域を設定する
<B
<B>テキストを太字にする
<BASE>相対パスの基準URIを指定する
<BASEFONT>テキストの基準サイズ・基準色・基準フォントを指定する
<BDO>文字表記の方向を指定する
<BGSOUND>効果音・BGMを鳴らす(IE独自の仕様)
<BIG>テキストのサイズをひとまわり大きくする
<BLINK>文字を点滅させる(NN独自の仕様)
<BLOCKQUOTE>引用・転載であることを表す
<BODY>文書の本体を表す
<BR>改行する
<BUTTON>ボタンを作成する
<CAPTION>テーブル(表)にタイトルをつける
<CENTER>センタリングする
<CITE>出典・参照先を表す
<CODE>プログラムのソースコードであることを示す
<COL>表の縦列の属性をまとめて指定する
<COLGROUP>表の縦列をグループ化する
<COMMENT>HTMLソースをコメントにする(IE独自の仕様)
<C
<D
<DD>定義した用語の説明を記述する
<DEL>削除された部分であることを示す
<DFN>定義する用語を明示する
<DIR>リストを表示する
<DIV>ひとかたまりの範囲として定義する(ブロック要素)
<DL>定義リストであることを表す
<DT>定義する用語を表す
<E
<EM>強調する
<EMBED>プラグインデータを埋め込む(NN独自の仕様)
<F
<FIELDSET>フォームの入力項目をグループ化する
<FONT>フォントの種類・大きさ・色を指定する
<FORM>入力フォームを作る
<FRAME>フレームに表示するファイルを指定する
<FRAMESET>ウィンドウをフレームに分割する
<H1>~<H6>見出しを付ける
<HEAD>文書のヘッダ情報を表す
<HR>罫線を引く
<HTML>HTML文書であることを宣言する
<H
<I>テキストを斜体(イタリック)にする
<IFRAME>インラインフレームを作る
<ILAYER>相対位置にレイヤー表示する(NN独自の仕様)
<IMG>画像を表示する
<INPUT>type="button"フォームの汎用ボタンを作成する
<INPUT>フォームの構成部品(入力欄・ボタン等)を作成する
<INPUT>type="checkbox"チェックボックスを作成する
<INPUT>type="file"サーバーにファイルを送信する
<INPUT>type="hidden"非表示データを送信する
<INPUT>type="image"フォームの画像ボタンを作成する
<INPUT>type="password"パスワード入力欄を作成する
<INPUT>type="radio"ラジオボタンを作成する
<INPUT>type="submit"フォームの送信ボタン・リセットボタンを作成する
<INPUT>type="text"一行テキストボックスを作成する
<INS>追加された部分であることを示す
<ISINDEX>検索キーワードの入力欄を作る
<I
<K
<KBD>キーボード入力される文字であることを示す
<LABEL>フォーム部品と項目名(ラベル)を関連付ける
<LAYER>絶対位置にレイヤー表示する(NN独自の仕様)
<LEGEND>フォームの入力項目グループにタイトルを付ける
<LI>リストの項目を記述する
<LINK>関連する文書ファイルを指定する
<LISTING>ソースをそのまま表示する(タグは解釈される)
<L
<MAP>ひとつの画像に複数のリンクを設定する(イメージマップ)
<MARQUEE>文字をスクロールさせる(IE独自の仕様)
<MENU>メニューリストを表示する
<META>その文書に関する情報(メタ情報)を指定する
<MULTICOL>段組する(NN独自の仕様)
<M
<NOBR>改行なしで表示する(NN独自の仕様)
<NOEMBED>プラグインが利用できない環境用の表示内容を指定する(NN独自の仕様)
<NOFRAMES>フレームが表示できない環境用の表示内容を指定する
<NOLAYER>レイヤーが利用できない環境用の表示内容を指定する(NN独自の仕様)
<NOSCRIPT>スクリプトが動作しない環境用の表示内容を指定する
<N
<OBJECT>文書にデータを埋め込む
<OL>順序のあるリストを表示する
<OPTGROUP>セレクトボックスの選択肢をグループ化する
<OPTION>セレクトボックスの選択肢を指定する
<O
<P>ひとつの段落(パラグラフ)であることを表す
<PARAM>パラメータを指定する
<PLAINTEXT>ソースをそのまま表示する
<PRE>ソースを整形済みテキストとして表示する
<P
<Q>引用・抜粋であることを表す
<Q
<RB>ルビをふる文字を指定する(IEが独自に採用)
<RP>ルビを囲む記号を指定する(IEが独自に採用)
<RT>ルビの内容を指定する(IEが独自に採用)
<RUBY>ルビの範囲を指定する(IEが独自に採用)
<R
<S>打ち消し線を引く
<SAMP>プログラムによる出力結果のサンプルであることを示す
<SCRIPT>文書にスクリプトを埋め込む
<SELECT>セレクトボックスを作成する
<SMALL>テキストのサイズをひとまわり小さくする
<SPACER>スペースを挿入する(NN独自の仕様)
<SPAN>ひとかたまりの範囲として定義する(インライン要素)
<STRIKE>打ち消し線を引く
<STRONG>強調する
<STYLE>スタイルシートを記述する
<SUB>下付き文字を表示する
<SUP>上付き文字を表示する
<S
<TABLE>テーブル(表)を作成する
<TBODY>テーブル(表)のボディ部分を定義する
<TD>テーブル(表)のデータセルを作成する
<TEXTAREA>複数行の入力フィールドを作成する
<TFOOT>テーブル(表)のフッタ行を定義する
<TH>テーブル(表)の見出しセルを作成する
<THEAD>テーブル(表)のヘッダ行を定義する
<TITLE>文書にタイトルをつける
<TR>テーブル(表)の横方向の一行を定義する
<TT>等幅フォントで表示する
<T
<U>テキストに下線(アンダーライン)を引く
<UL>順序のないリストを表示する
<U
<VAR>変数や引数であることを示す
<V