伊邪那岐命

伊邪那岐命

いざなぎのみこと
別:伊邪那岐命伊耶那岐神伊弉諾尊
室:伊邪那美神

伊邪那岐神
日本の祖父神。


日本の神々


→ 日本の神 家・氏 系図


伊邪那岐神

いざなぎのかみ
別:→伊邪那岐神:いざなぎのかみ、伊佐奈伎命:いざなぎのみこと、伊佐奈枳命:いざなぎのみこと、伊射那伎:いざなぎ、伊弉諾尊:いざなぎのかみ、伊弉諾尊:いざなぎのみこと、伊耶那岐神:いざなきのかみ、伊邪那岐命:いざなぎのみこと、射奈芸:いざなぎ、
室:伊邪那美神
子:天照大神月読神、素盞鳴尊 他

性別:♂

系譜:高天原の神、神世七代の最後の二神。初めての夫婦神である

神格:人類の起源神、結婚の神 / 創造神

神社:多賀神社、伊弉諾神社、伊佐須美神社、筑波山神社、三峰神社、愛宕神社、玉置神社、英彦山神宮、江田神社、花窟(ハナノイワヤ)神社、闘鶏神社、波上宮

 伊耶那岐神伊耶那美神は、神話のなかに一番最初に出てくる夫婦神である。そこから、夫婦婚姻のはじめとか結婚の神などといわれる。また、結婚して数々の国土を誕生させる国生みや、地上の営みを司る多くの神々を誕生させる「神生み」を行ったことから、国堅めの神、生命の祖神などともされている。特に、男女が結婚して子を産むという、我々の生活にそのまま当てはまる活動をしているという点で、宇宙を創造した天之御中主神をはじめとする他の根源神たちと比べて一番親しみやすい神さまであろう。
 この二神は、いってみれば日本の国の祖神といえるわけで、しかも、我々の生活に関わる神々の創造主であることから、一般的に縁結び、子宝、子育て、夫婦円満といったことに始まって、諸々の神徳を発揮する万能の神でもあるとして崇敬されている。ただ、この神がもともとはどういう神であったかということになると、よく分からないことが多い。一般によく言われているのは、古くから各地にその地域社会で信仰されていた土着的な創造神や始祖神がいた。そうした名もない土着神の伝承が、ひとつの神話に整理統合されたのではないかということだ。
 その意味では、伊耶那岐神伊耶那美神に関する神話の内容を大陸や東南アジアの神話とつきあわせてその共通性を求めるといった作業をしていくと、日本民族のルーツの問題にもあたる。それについてはまたいつか述べるとして、ここでは我々の身近な神社に祀られている伊耶那岐神伊耶那美神について見ていこう。
 神話では、伊耶那岐神は三貴神(天照大神月読神、素盞鳴尊)の父神とされており、高天原の最高神天照大神の祖神に当たるわけである。まず、伊耶那岐神に関して我々がふだんの生活のなかで身近に接することといえば、やはり神社に参拝したときに受けたりする禊祓の儀式である。わざわざ神主からお祓いを受けるまでもなく、拝殿の前にある手水舎(チョウズシャ)で何気なく柄杓に水を汲んで手に注いだりする。これも心身を浄める意味があり、もともとは伊耶那岐神が御祓をしたことにちなむもので、神主が神祭りを行う場合に、精進潔斎して俗世界の汚れを祓い落として豊作などの祈願をおこなう禊祓の儀式を簡略化したものである。神徳がどうのこうの言う以前に、こうした信仰の習慣として我々は伊邪那岐命に触れているというわけである。
 伊耶那岐神がおこなった御祓については、別項「禊祓」を参照していただきたい。日本人は古くから穢れ(不浄)というものを特別に意識し、嫌っていたようである。それはなぜかというと、神はそもそも清浄であり、人間は神の「分霊(ワケミタマ=神と同じ自然の一部)」なのだから、その本質は清浄であるべきだと古代の人々は考えたからだ。伊耶那岐神が黄泉の国の穢れを祓い落とす場面などは、生命を尊び、死を嫌うという観念の現れのようである。そこから発展して、人間の罪や悪行、病気やけがなど、正常で平穏な生活に災いをなすいっさいのことは、穢れによるものと考えるようになった。
 つまり、たとえば病気でも、その原因は病を起こさせる穢れであって、これを祓い落とすことで病気を治すことができると考えたわけである。禊祓というのは、神に近づきコンタクトする手段であり、それによって神の霊力を受けやすくするということである。
 禊祓というものは我々の生活のなかに知らず知らずのうちに入り込んでいる。たとえば盛り塩は、禊祓の方法として古くは海水が使われたことから来たものだし、相撲の力士がまく塩もこれの延長である。他に、人形に罪穢れを託して川に流す流し雛や、旧年中の厄を祓って身を清めるという豆まきの行事も、禊祓の儀式の一種なのである。
 一方、伊耶那美神については、多くの大地を生み出したとされることから大地と深く関係した存在と考えられている。伊耶那岐神の天父神的性格に対して大地母神的な性格を持っているといえる。これは、人間が豊穣を願う心を反映しているといえる。
 また、禊祓の項で述べたが、伊耶那美神には黄泉の国の神としての顔もある。神でありながらも神で冥府、死の世界の代表者として祀られたりもするわけで、伊耶那岐神がこの世の代表とすると、伊耶那美神はあの世の代表というわけである。黄泉平坂での言い争いにも「わたしは地上の人間を一日に1000人殺す。」「それならばわしは一日に1500の産屋を建てる。」とあるように、伊耶那美神は人間の寿命を司る神でもある。
 考えようによっては非常に恐ろしい神だが、やはり多くの神々を生みだした母神的な性格の方が目立つ。伊耶那美神が生みだしたさまざまな神霊がこの世界を限りなく豊かにしてくれているのだ。たとえば、日本の四季折々の変化なども、いってみれば伊耶那美神の営為があったからである。つまり、この神は我々の住むこの世界のよりよい環境や心の豊かさを守ってくれるというのが本来の顔であり、むしろ死の神としての顔の方が一面にすぎないといえるだろう。

……
天地開闢の神々の一柱。神世七代の七代目、最後の神であり、伊耶那美神とともに我が国最初の夫婦神。
『日本書紀』の一書には、結婚交合の行為がわからず、鶺鴒(せきれい)の尾をふる特徴から教えられた。
神名のイザナは誘なうの意味で、それにギ(男性)を加えて性を区別したもの。 神名のように、天之御柱の周りを左右からまわりあい誘いあって神婚する話が『記紀』にみえる。
伊耶那美神とともに、天神の命を奉じ、天浮橋に立って天沼矛を海原におろし、かきまわして引き上げたところ、 滴る潮から淤能碁呂(おのころ)島ができた。そこへ二神は降臨されて八尋殿を建て、夫婦の契りを結ぶ。
伊邪那美神が最初に「いい男よ」と言って結ばれ生れたのは不具の蛭子神で、これは船に乗せて流した。
これでは困ると天神に問うたところ、「女より先に言うのはよくない」と教えられ、 今度は伊邪那岐神から「いい女よ」と言って婚し、大八島国や島々などの国土をはじめ石、水戸、風、水分、山野など諸神を生んだ。
さらに火の神を生んだとき、伊邪那美神はその火で焼かれ、崩ぜられて、黄泉国に行く。
この時、伊耶那美神は嘔吐や尿などから鉱山、粘土、穀物、水などの神々を生む。 伊邪那岐神は火の神を斬り殺し、剣や火山の神を生む。
伊邪那岐神伊邪那美神の後を慕って黄泉国へ行くが、変わりはてた伊邪那美神の姿を見ておそれをなし、逃げ還って来る。
黄泉国のの穢をはらうため日向の橘小門の阿波岐原で禊をして、単身で海神などの神々を生み、 最後に皇室の祖先とされる天照大神・月読尊・素盞嗚尊の三貴子を生まれた。
『日本書紀』には、この後、伊邪那岐神は神功を終り幽宮(かくりのみや)を淡路国に建てて隠れ給うたとある。
この幽宮は、淡路島の伊弉諾神社とする説、近江国・多賀神社とする説がある。


伊耶那岐神

  生没年:
  父:
  妻:伊耶那美神
    大綿津見神
    大山津見神
    迦具土神
  三貴子:
    天照大神
    月読命
    建速須佐之男命


伊邪那岐神
日本の祖父神。


伊邪那岐命とも書く。イザナミノミコトとともに、国土、山川草木の諸神を産む。アマテラスオオミカミ、スサノオノミコトの父神。伊弉諾神社および多賀大社に祀られる。

伊邪那岐命

  生没年:
  父:
  妻:伊邪那美命
    大綿津見神
    大山津見神
    迦具土神
  三貴子:
    天照大神
    月読命
    建速須佐之男命

学  研 P.17


神代七代
国之常立神
豊雲野神
宇比地邇神  ┓
須比智邇神  ┛
角杙神    ┓
活杙神    ┛
意富斗能地神 ┓
大斗乃弁神  ┛
淤母陀琉神  ┓
阿夜訶志古泥神
伊邪那岐命  ┓
伊邪那美命  ╋金山姫神
       ┣金山彦神
       ┣国御柱神
       ┣天御柱神
       ┃(住吉三神)
       ┣底津綿津見神
       ┣中津綿津見神
       ┣上津綿津見神
       ┣石土毘古神
       ┣罔象女神
       ┣稚日女神
       ┣月読神
       ┃素盞鳴尊
       ┣天照大神
       ┗保食


神代七代
  国之常立神
  豊雲野神
  宇比地邇神
  須比智邇神
  角杙神
  活杙神
  意富斗能地神
  大斗乃弁神
  淤母陀琉神
  阿夜訶志古泥神
  伊邪那岐神…┬…(淤能碁呂島
        ┣━金山姫神━━━金屋子神
        ┣━金山彦神
        ┣━国御柱神
        ┣━天御柱神
        ┣━大綿津見神
        ┣━大山津見神
        ┣━迦具土神
    三貴子:┣━天照大神━━━┳━天忍穂耳尊━━━━━┳天火明命
    三貴子:┣━月読命    ┣━天穂日命(出雲氏へ)┗瓊瓊杵尊━━━━━┓
    三貴子:┗━建速須佐之男命┣━天津彦根命               ┃
                 ┣━活津彦根命               ┃
                 ┗━熊野杼樟日命              ┃



日本の神々天地開闢の神々神世七代


→ 日本の神 家・氏 系図