歴史・人名

三好義継

三好義継(みよし よしつぐ)
1551~1573
○熊王丸 重存 義重 左京大夫
◇父:十河一存 養父:三好長慶 室:足利義晴女 子:三好中務少輔義兼、義茂、長元?
 叔父三好長慶の長男義興死去により、その養子となり、1564年三好三人衆に担がれ家督を嗣ぐが、傀儡に過ぎなかった。翌年三人衆、松永久秀らと結び、13代将軍足利義輝を殺害した。その後、三人衆、久秀の両者にいいように担がれ転々とするが、15代将軍足利義昭を奉じて入京した織田信長に降伏し、河内半国を安堵された。1572年、久秀と共に信長に反逆し、義昭を河内・若江城に匿ったことから、翌年信長の将佐久間信盛に攻められ、家老野間左橘兵衛の裏切りに遭って自害。