歴史・人名

鎌倉時代

人物・出来事  _地域_国・時代_追加
1192****平安時代/鎌倉時代(1192 - 1333)  (日本-平安時代)編集
1192源頼朝が征夷大将軍となる  (日本-建久)編集
1192鎌倉文化  (-)編集
1193源範頼、源頼朝に殺される  (日本-建久)編集
1194幕府、守護の国衙領侵犯を禁ず  (日本-建久)編集
1194南宋・趙氏・・ 寧宗  (中国-南宋)編集
1194寧宗(趙擴)   (日本-南宋)編集
1195源頼朝、東大寺再建供養に臨席  (日本-建久)編集
1195イスラム教徒がスペインを占領   (-)編集
1195-1224寧宗・即位 (中国-南宋)編集
1196九条兼実、関白を罷免され九条家一族排斥される  (日本-建久)編集
1197島津忠久が薩摩・大隈両国家人の奉行人に補せられる  (日本-建久)編集
1198111第83代 土御門天皇  (日本-)編集
1199   (日本-正治)編集
1199頼朝没、子頼家が家督相続  (日本-正治)編集
1199427正治(しょうじ)(1199.4.27-1200)  (日本-正治)編集
1200梶原景時、上洛を企て駿河で敗死  (日本-正治)編集
1200アイヌ時代  (日本-)編集
1200元寇  (日本-)編集
1201   (日本-建仁)編集
1201諸国大風雨  (日本-建仁)編集
1201213建仁(けんにん)(1201.2.13-1203)  (日本-建仁)編集
1202第4回十字軍遠征(~1204)、十字軍がラテン帝国を建設   (欧州-)編集
1203島津忠久、比企能員の乱に連座、守護職・地頭職没収  (日本-建仁)編集
1203北条時政、執権となる  (日本-建仁)編集
1204   (日本-元久)編集
1204頼家、北条時政に殺さる 諸国地頭の非法を禁止  (日本-文久)編集
1204(東ローマ帝国が一時滅亡、ラテン帝国の成立)  (欧州-)編集
1204十字軍がコンスタンチノープルを陥落  (欧州-)編集
1204ラテン帝国 第4回十字軍、コンスタンティノポリスを攻略、ビザンティン帝国断絶 (欧州-ローマ)編集
120422元久(げんきゅう)(1204.2.2-1205)  (日本-元久)編集
1205時政陰謀露見し失脚、子の義時が執権となる  (日本-文久)編集
1206インドの奴隷王朝はじまる  (アジア-インド)編集
1206テムジンがモンゴルを統一、チンギス汗と称す  (アジア-モンゴル)編集
1206   (日本-建永)編集
1206幕府、頼朝の恩賞地は大罪を除き没収しない  (日本-建永)編集
1206モンゴル帝国のチンギス・ハン即位   (アジア-)編集
1206モンゴル帝国・・ 憲宗:蒙哥:メンゲ・ハーン  (アジア-中国)編集
1206モンゴル帝国・・ 太宗:窩闊台:オゴタイ・ハーン  (アジア-中国)編集
1206モンゴル帝国・・ 太祖:成吉思汗:チンギス・ハーン  (アジア-中国)編集
1206モンゴル帝国・・ 定宗:貴由:グユク・ハーン  (アジア-中国)編集
1206インド奴隷王朝、成立(~1290)  (アジア-インド)編集
1206427建永(けんえい)(1206.4.27)  (日本-建永)編集
1207   (日本-承元)編集
1207幕府、地頭に武蔵国荒野の開墾を命令  (日本-承元)編集
12071025承元(じょうげん)(1207.10.25-1210)  (日本-承元)編集
1208衛紹王(興勝、完顔永済)  (中国-金)編集
1208金・完顔氏・・ 廃帝 衛紹王  (中国-金)編集
1209諸国の国衙、守護人の怠慢により群盗蜂起  (日本-承元)編集
1210幕府、武蔵国の大田文を作る  (日本-承元)編集
1210フランシスコ教団の創設  (欧州-)編集
12101125第84代 順徳天皇  (日本-)編集
1211   (日本-建磨)編集
1211再度、東海道に新駅増設  (日本-建暦)編集
121139建暦(けんりゃく)(1211.3.9-1212)  (日本-建暦)編集
1213金・完顔氏・・ 宣宗  (中国-金)編集
1213宣宗(吾睹補、完顔珣)  (中国-金)編集
1213侍所別当の和田義盛、挙兵して敗死(和田合戦)執権北条義時、侍所別当を兼ねる  (日本-建保)編集
1213島津忠久、地頭職に還補される  (日本-建保)編集
1213   (日本-建俣)編集
1213126建保(けんぽう)(1213.12.6-1218)  (日本-建保)編集
1214栄西、実朝に茶を勧める  (日本-建保)編集
1215イギリスのジョン王が大憲章(マグナ=カルタ)承認  (欧州-)編集
1215大憲章(マグナ・カルタ)制定   (-)編集
1216実朝、渡宋を計画し、陳和卿に造船を命令  (日本-建保)編集
1219   (日本-承久)編集
1219実朝横死し、源氏滅亡  (日本-承久)編集
1219チンギス・ハンの西征   (アジア-)編集
1219412承久(しょうきゅう)(1219.4.12-1221)  (日本-承久)編集
1220モンゴル軍がホラズムを滅ぼす  (アジア-)編集
1221薩摩国満家院郡司・大蔵幸光ら後鳥羽上皇軍に参加、乱後処罰される  (日本-承久)編集
1221承久の乱  (日本-承久)編集
1221420第85代 仲恭天皇  (日本-)編集
122179第86代 後堀河天皇  (日本-)編集
1222   (日本-貞応)編集
1222六波羅探題設置  (日本-貞応)編集
1222413貞応(じょうおう)(1222.4.13-1223)  (日本-貞応)編集
1223哀宗(寧甲速、完顔守緒)  (中国-金)編集
1223金・完顔氏・・ 哀宗  (中国-金)編集
1223新補地頭の得分率を定める  (日本-貞応)編集
1224オゴタイ汗国の成立  (アジア-モンゴル)編集
1224   (日本-元仁)編集
1224親鸞、浄土真宗を開く  (日本-元仁)編集
1224南宋・趙氏・・ 理宗  (中国-南宋)編集
1224理宗(趙昀)   (日本-南宋)編集
1224モンゴル帝国が南ロシアを征服   (アジア-)編集
1224112元仁(げんにん)(1224.11.2)  (日本-元仁)編集
1225   (日本-嘉禄)編集
1225幕府、評定衆を設置  (日本-嘉祿)編集
1225大越で李朝が倒れ、陳朝が成立  (アジア-)編集
1225-1264理宗・即位 (中国-南宋)編集
122542嘉禄(かろく)(1225.4.2-1226)  (日本-嘉禄)編集
1226頼経、征夷大将軍となる(摂家将軍の始まり)  (日本-嘉祿)編集
1227チャガタイ汗国の成立  (アジア-モンゴル)編集
1227チンギス汗の死  (アジア-モンゴル)編集
1227モンゴル軍が西夏を滅ぼす  (アジア-モンゴル)編集
1227   (日本-安貞)編集
1227島津忠時、薩摩守護職  (日本-安貞)編集
1227道元帰国し、曹洞宗を開く(永平寺)  (日本-安貞)編集
1227121安貞(あんてい)(1227.12.1-1228)  (日本-安貞)編集
1228第5回十字軍   (欧州-)編集
1229   (日本-寛書)編集
122935寛喜(かんき)(1229.3.5-1231)  (日本-寛喜)編集
1230諸国に大飢饉、餓死者多し  (日本-寛喜)編集
1231寛喜の飢饉 人身売買激増  (日本-寛喜)編集
123242貞永(じょうえい)(1232.4.2)  (日本-貞永)編集
1232御成敗式目制定  (日本-貞永)編集
123242貞永(じょうえい)(1232.4.2)  (日本-貞永)編集
1232104第87代 四条天皇  (日本-)編集
1233   (日本-天福)編集
1233415天福(てんぷく)(1233.4.15)  (日本-天福)編集
1234モンゴル軍が金を滅ぼす   (アジア-モンゴル)編集
1234金・完顔氏・・ 末帝  (中国-金)編集
1234末帝(完顔承麟)  (中国-金)編集
1234   (日本-文磨)編集
1234専修念仏宗を禁圧  (日本-文暦)編集
1234モンゴル帝国が金を滅ぼす   (アジア-)編集
1234115文暦(ぶんりゃく)(1234.11.5)  (日本-文暦)編集
1235   (日本-嘉禎)編集
1235919嘉禎(かてい)(1235.9.19-1237)  (日本-嘉禎)編集
1236モンゴルのバツが西進  (アジア-モンゴル)編集
1236興福寺僧徒鎮圧のため大和に守護・地頭設置  (日本-嘉禎)編集
1237幕府、諸寺社・国司・領家の訴訟は式目によらない  (日本-嘉禎)編集
1238   (日本-暦仁)編集
1238新補地頭の処分法制定  (日本-暦仁)編集
12381123暦仁(りゃくにん)(1238.11.23)  (日本-暦仁)編集
1239   (日本-延応)編集
1239幕府、人身売買禁止  (日本-延応)編集
123927延応(えんおう)(1239.2.7)  (日本-延応)編集
1240   (日本-仁治)編集
1240御家人の所領譲与・売買を禁止  (日本-仁冶)編集
1240キエフ公国がモンゴルに服属  (欧州-)編集
1240716仁治(にんじゅ)(1240.7.16-1242)  (日本-仁治)編集
1241モンゴル帝国がワールシュタットの戦いでヨーロッパ軍を破る  (アジア-)編集
1241ドイツにハンザ同盟が成立   (欧州-)編集
1241ハンザ同盟の成立  (欧州-)編集
1241ワールシュタットの戦い(モンゴル軍がドイツ・ポーランドの騎士連合軍を破る)  (欧州-)編集
1242九条道家、皇嗣を幕府に諮問する  (日本-仁冶)編集
1242226第88代 後嵯峨天皇  (日本-)編集
1243キプチャク汗国の成立  (アジア-モンゴル)編集
1243   (日本-寛元)編集
1243226寛元(かんげん)(1243.2.26-1246)  (日本-寛元)編集
1244賭博禁止  「平家物語」なる  (日本-寛元)編集
1245養子・飢饉養助・人身売買等の法を定める  (日本-寛元)編集
1246北条時頼、執権となる  (日本-寛元)編集
1246129第89代 後深草天皇  (日本-)編集
1247   (日本-宝治)編集
1247宝治合戦…時頼、秦村とその一族を攻め滅ぼす  (日本-宝治)編集
1247228宝治(ほうじ)(1247.2.28-1248)  (日本-宝治)編集
1248第6回十字軍   (欧州-)編集
1249   (日本-建長)編集
1249幕府、引付衆を設置  (日本-建長)編集
1249318建長(けんちょう)(1249.3.18-1255)  (日本-建長)編集
1250幕府、大和の悪党の乱暴禁圧を六波羅に命ず  (日本-建長)編集
1250エジプトにマムルーク朝成立  (アフリカ-)編集
1252五摂家分立  (日本-建長)編集
1253日蓮、日蓮宗をとなえる  (日本-建長)編集
1254日蓮「立正安国論」を書く  (日本-建長)編集
1256   (日本-康元)編集
1256105康元(こうげん)(1256.10.5)  (日本-康元)編集
1257タイのスコタイ朝成立  (アジア-タイ)編集
1257   (日本-正嘉)編集
1257園城寺僧徒が、戒壇建立の強訴  (日本-正嘉)編集
1257314正嘉(しょうか)(1257.3.14-1258)  (日本-正嘉)編集
1258イル汗国の成立(アッバス朝滅亡)  (アジア-)編集
1259   (日本-正元)編集
1259後深草天皇譲位、恒仁親王(亀山天皇)践祚  (日本-正元)編集
1259326正元(しょうげん)(1259.3.26)  (日本-正元)編集
12591126第90代 亀山天皇  (日本-)編集
1260フビライ・ハン即位  (アジア-モンゴル)編集
1260   (日本-文応)編集
1260フビライ・ハンが即位   (-)編集
1260413文応(ぶんおう)(1260.4.13)  (日本-文応)編集
1261   (日本-弘長)編集
1261幕府、諸国盗賊・悪党蜂起について禁圧  (日本-弘長)編集
1261東ローマ帝国が再興(ラテン王国の滅亡)  (欧州-)編集
1261パライオロゴス朝 ラテン帝国崩壊し、ビザンティン帝国復興 (欧州-ローマ)編集
126122弘長(こうちょう)(1261.2.2-1263)  (日本-弘長)編集
1262ノルウェーの統治下に入る  (欧州-ISL)編集
1263高麗、日本人の沿岸侵略禁圧を要請  (日本-弘長)編集
1264南宋・趙氏・・ 度宗  (中国-南宋)編集
1264度宗(趙キ、在位1264年 - 1274年)   (日本-南宋)編集
1264   (日本-文永)編集
1264228文永(ぶんえい)(1264.2.28-1274)  (日本-文永)編集
1265忠時、長子久経に薩摩守護職を譲る  (日本-文永)編集
1265イギリス国会(下院)が創設される   (欧州-)編集
1265トマス=アキナスの「神学大全」  (欧州-)編集
1265-1274度宗・即位 (中国-南宋)編集
1266引付衆廃止、評定衆が訴訟を扱う  (日本-文永)編集
1267高麗の使きたる  (日本-文永)編集
1268時宗、執権となり、元の使者を退ける  (日本-文永)編集
1269蒙古使、対馬に来着 幕府、引付を復活  (日本-文永)編集
1270朝廷、蒙古へ拒否の返牒作成するも幕府送らず  (日本-文永)編集
1270第7回十字軍   (欧州-)編集
12711368国号を元とする(元建国)(~1368)   (アジア-モンゴル・元)編集
1271世祖聖徳神功文武皇帝クビライ(奇渥温忽必烈)  (アジア-中国/元)編集
1271元使趙良粥、国書をもたらす  (日本-文永)編集
1272諸国に大田文の銭出命令  (日本-文永)編集
1272十字軍が聖地を退く   (-)編集
1273元使趙良弼、再び大宰府に来るも上京拒否  (日本-文永)編集
1273ハプスブルグ朝の成立  (欧州-)編集
1274南宋・趙氏・・ 恭宗  (中国-南宋)編集
1274恭帝(趙ケン、在位1274年 - 1276年)   (日本-南宋)編集
1274文永の役  (日本-文永)編集
1274126第91代 後宇多天皇  (日本-)編集
1275マルコ=ポーロがフビライに謁する  (アジア-モンゴル・元)編集
1275マルコ・ポーロが大都に来る   (-)編集
1275恭宗・即位 (中国-南宋)編集
1275425建治(けんじ)(1275.4.25-1277)  (日本-建治)編集
1276幕府、博多付近の海岸に防塁を築かせる  (日本-建治)編集
1276南宋・趙氏・・ 端宗  (中国-南宋)編集
1276端宗(趙昰、在位1276年 - 1278年)   (日本-南宋)編集
1276-1278端宗・即位 (中国-南宋)編集
1277ビルマのパガン朝が元に服属  (アジア-ビルマ)編集
1278   (日本-弘安)編集
1278元、日本商船の交易を許可  (日本-弘安)編集
1278南宋・趙氏・・ 帝  (中国-南宋)編集
1278衛王(趙昺、在位1278年 - 1279年)   (日本-南宋)編集
1278229弘安(こうあん)(1278.2.29-1287)  (日本-弘安)編集
1279元・・ 世祖  (アジア-中国/元)編集
1279元の中国統一(南宋の滅亡)  (アジア-中国/元)編集
1279元使周福、筑紫に來着 元使を博多で斬る  (日本-弘安)編集
1279元が南宋を滅ぼす。このころ元の全盛期で東西交通が栄える   (-)編集
1279帝丙・即位 (中国-南宋)編集
1279-1294フビライ(世祖)・即位 (アジア-中国/元)編集
1280島津久経、忠宗に守護職を譲る  (日本-弘安)編集
1281弘安の役…元の東路軍・江南軍博多に来襲、暴風雨で撤退  (日本-弘安)編集
1281元が日本を攻める(弘安の役)  (日本-)編集
1282興福寺僧徒強訴 春日社神木動座終わる  (日本-弘安)編集
1284北条時宗死去 元使、対馬に来着  (日本-弘安)編集
1285霜月騒動 内管領平頼綱、安達泰盛一族を滅ぼす  (日本-弘安)編集
1286幕府、異国警護をさらに厳重にする  (日本-弘安)編集
12871021第92代 伏見天皇  (日本-)編集
1288   (日本-正応)編集
1288428正応(しょうおう)(1288.4.28-1292)  (日本-正応)編集
1290インドのハルジー朝の成立(奴隷王朝の滅亡)  (アジア-インド)編集
1291十字軍の終結  (欧州-)編集
1292日本商船、元に交易要求、高麗使国書を呈す  (日本-正応)編集
1293   (日本-永仁)編集
1293鎮西探題を置き、北条兼時を任命  (日本-永仁)編集
129385永仁(えいにん)(1293.8.5-1298)  (日本-永仁)編集
1294幕府、霜月騒動の賞罰の詮議を停止  (日本-永仁)編集
1294元・・ 成宗  (アジア-中国/元)編集
1294成宗欽明広孝皇帝テムル(奇渥温鉄穆耳)  (アジア-中国/元)編集
1294-1307ティムール(成宗)・即位 (アジア-中国/元)編集
1295イギリスで模範会議   (欧州-)編集
1297徳政令発布  (日本-永仁)編集
1298幕府、永仁の徳政令を停止  (日本-永仁)編集
1298722第93代 後伏見天皇  (日本-)編集
1299オスマン=トルコの建国  (アジア-トルコ)編集
1299   (日本-正安)編集
1299鎮西評定衆を設置 鎮西引付衆を設置  (日本-正安)編集
1299オスマン・トルコ帝国の建国  (-)編集
1299マルコ・ポーロの『東方見聞録』なる   (-)編集
1299425正安(しょうあん)(1299.4.25-1301)  (日本-正安)編集
1300越訴を禁止  (日本-正安)編集
1300島津忠宗国中の社寺に異国降伏祈願をさせる  (日本-正安)編集
1300三山時代(14世紀 - 1429)  (-)編集
1301121第94代 後二条天皇  (日本-)編集
1302   (日本-乾元)編集
1302鎌倉に大火、死者500人に及ぶ  (日本-乾元)編集
13021121乾元(けんげん)(1302.11.21)  (日本-乾元)編集
1303   (日本-嘉元)編集
130385嘉元(かげん)(1303.8.5-1305)  (日本-嘉元)編集
1306   (日本-徳治)編集
1306日本商船、元の慶元(寧波)に赴き交易  (日本-徳治)編集
13061214徳治(とくじ)(1306.12.14-1307)  (日本-徳治)編集
1307武宗仁恵宣孝皇帝カイシャン(奇渥温海山)  (アジア-中国/元)編集
1307鎮西探題、蒙古合戦の恩賞地を配分する  (日本-徳治)編集
1308   (日本-延慶)編集
1308元・・ 武宗  (アジア-中国/元)編集
1308-1311ハイシャン(武宗)・即位 (アジア-中国/元)編集
1308826第95代 花園天皇  (日本-)編集
1308109延慶(えんぎょう)(1308.10.9-1310)  (日本-延慶)編集
1309教皇のアビニョン捕囚  (欧州-)編集
1309教皇のバビロン捕囚   (-)編集
1310幕府、苅田狼藉を所務沙汰から検断沙汰に移す  (日本-延慶)編集
1311   (日本-応長)編集
1311元・・ 仁宗  (アジア-中国/元)編集
1311仁宗聖文欽孝皇帝アユルバルワダ(奇渥温愛育黎抜力八達)  (アジア-中国/元)編集
1311-1320アユルバリバトラ(仁宗)・即位 (アジア-中国/元)編集
1311428応長(おうちょう)(1311.4.28)  (日本-応長)編集
1312   (日本-正和)編集
131232正和(しょうわ)(1312.3.2-1316)  (日本-正和)編集
1313ドイツで火薬が発明される  (欧州-)編集
1313このころからイタリアにルネッサンス(文芸復興)が始まる   (-)編集
1313ダンテの『神曲』ができる  (-)編集
1316北条高時、執権となる  (日本-正和)編集
1317   (日本-文保)編集
1317文保の和談  (日本-文保)編集
131723文保(ぶんぽう)(1317.2.3-1318)  (日本-文保)編集
1318この年、僧多数入元  (日本-文保)編集
1318226第96代 後醍醐天皇  (日本-)編集
1319   (日本-元広)編集
1319428元応(げんおう)(1319.4.28-1320)  (日本-元応)編集
1320インドのトグルク朝成立(ハルジー朝滅亡)  (アジア-インド)編集
1320英宗睿聖文孝皇帝シデバラ(奇渥温碩徳八刺)  (アジア-中国/元)編集
1320出羽の蝦夷、安東氏の内紛で蜂起  (日本-元応)編集
1321元・・ 英宗  (アジア-中国/元)編集
1321   (日本-元亨)編集
1321院政をやめ、後醍醐天皇親政  (日本-元享)編集
1321ダンテの「神曲」   (欧州-)編集
1321-1323シデバラ(英宗)・即位 (アジア-中国/元)編集
1321223元亨(げんこう)(1321.2.23-1323)  (日本-元亨)編集
1323元・・ 泰定帝  (アジア-中国/元)編集
1323泰定帝イェスン・テムル(奇渥温也孫鉄木児)  (アジア-中国/元)編集
1323-1328エスン・ティムール(泰定帝)・即位 (アジア-中国/元)編集
1324   (日本-正中)編集
1324正中の変  (日本-正中)編集
1324129正中(しょうちゅう)(1324.12.9-1325)  (日本-正中)編集
1325幕府、建長寺船を元に遣わす  (日本-正中)編集
1326   (日本-嘉暦)編集
1326426嘉暦(かりゃく)(1326.4.26-1328)  (日本-嘉暦)編集
1326724北朝1代 光厳天皇  (日本-)編集
1327東大寺の訴えにより、伊加黒田荘の悪党退治  (日本-嘉暦)編集
1328元・・ 文宗  (アジア-中国/元)編集
1328天順帝アリギバ(奇渥温阿速吉八)  (アジア-中国/元)編集
1328モスクワ大公国がキプチャク汗国から自立  (アジア-)編集
1328カペー朝断絶、バロア朝成立  (欧州-)編集
1328トゥク・ティムール(文宗)・即位 (1329-1332)(アジア-中国/元)編集
1329元・・ 明宗  (アジア-中国/元)編集
1329文宗聖明元孝皇帝トク・テムル(奇渥温図帖睦爾)  (アジア-中国/元)編集
1329明宗翼献景孝皇帝コシラ(奇渥温和世剌)  (アジア-中国/元)編集
1329   (日本-元徳)編集
1329ホシャラ(明宗)・即位 (アジア-中国/元)編集
1329829元徳(げんとく)(1329.8.29-1330)  (日本-元徳)編集
1330延暦寺宗徒、一向宗の禁圧を請う  (日本-元徳)編集
1331元弘の変 笠置遷幸 楠木正成挙兵  (日本-元弘)編集
1331   (日本-元弘(南朝))編集
1331   (日本-室町(南北朝)時代)編集
1331セルビア王国の圧迫 オスマン・トルコにニケーアを奪われる (欧州-ローマ)編集
133189元弘(げんこう)(1331.8.9-1333)南朝は元徳3年「元弘」と改元。  (日本-元弘《南朝》)編集
1332寧宗冲聖嗣孝皇帝イリンジバル(奇渥温額琳只班)  (アジア-中国/元)編集
1332後醍醐天皇、隠岐に流さる  (日本-元弘)編集
1332   (日本-正慶(北朝))編集
1332428正慶(北朝)(しょうけい)(1332.4.28-1333)北朝は元徳4年「正慶」と改元。  (日本-正慶(北朝))編集
1333****鎌倉時代南北朝時代  (日本-建武中興)編集
1333恵宗トゴン・テムル  (アジア-モンゴル・北元)編集
1333元・・ 順帝  (アジア-中国/元)編集
1333順帝トゴン・テムル(奇渥温妥懽帖睦爾)「順帝」は明により贈られた諡号  (アジア-中国/元)編集
1333鎌倉幕府滅亡  (日本-元弘)編集
1333島津貞久、大隈国守護職 貞久、鎮西探題を攻撃  (日本-元弘)編集
1333アルハンブラ宮殿なる   ( -)編集
1333建武中興(1333 - 1335)  (-)編集
1333-1368トゴン・ティムール(順帝)・即位 (アジア-中国/元)編集
1334島津荘日向南郷で北條氏縁故者が挙兵  (日本-建武)編集
1334   (日本-建武(南朝))編集
1334   (日本-建武(北朝))編集
1334日本で建武の中興  (日本-)編集
1334129建武(けんむ)(1334.1.29-1335)  (日本-建武《南朝》)編集
1335足利尊氏そむく  (日本-建武)編集
1336****建武中興→室町時代(1336 - 1573)  (日本-室町時代)編集