歴史・人名

用語集

用語説明追加
いくさ局地的な戦闘を表す 「合戦」や「戦争」などと同じような意味を持つ「戦(いくさ・たたかい)」。戦争は連続する戦いを示すことが多い一方、「戦」は局地的な戦闘を表すという特徴があります(石橋山の戦い・川中島の戦い・関ヶ原の戦いなど)。 「変」「乱」「役」などの特徴に属さない争いを広く「戦」と表現することがあります。編集
えき辺境の場所での戦いや対外の戦いを表す 「役」の字には、もともと「辺地を守りに行く(つまり防人(さきもり))」という意味があります。戦や戦争、特に辺境の場所での戦いや対外の戦いを指すときに「乱」が使われます。 日本史上では、文永の役・弘安の役、文禄の役・慶長の役などがあります。編集
じん局地的な戦闘や城攻めを表す 大阪夏の陣 局地的な戦闘を意味するという点では「戦」と似ている「陣」。もともと「陣」は「陣を張る」「軍隊の配置」ということから転じてそのような名前になったと言われています。 日本史上では、大阪冬の陣や大阪夏の陣などがあります。編集
践祚せんそ天皇陛下が三種の神器を継承し、皇位につかれること編集
即位そくい皇位につかれたことを国内外に宣明すること編集
へん支配層で起きた争いを表す 桜田門外の変 桜田門外の変 「変」は異常な出来事、政治的な変革を伴う戦い、動乱・政変などを意味します。政治の権力を持つ天皇や皇族、または将軍などが配流などにさせられ、(彼らの視点から見ると)不当な立場に置かれた事件を指します。 日本史上では、本能寺の変や金門の変などがあります。編集
らん反逆事件や政治権力が奪われて起きる内乱を表す 「乱」は政治的権力に対する反逆事件や、権力が奪われて起きる内乱などを指します。社会が大きな混乱に陥ると考えても良いかもしれません。 日本史上では、承久の乱や応仁の乱、大塩平八郎の乱などがあります。編集