歴史・人名

倭寇

倭寇・・・・・・日本の賊という意味で13~16世紀に朝鮮半島から中国沿岸にかけて活動した海賊や商人のことです。
 倭寇は14世紀中心の前期倭寇と16世紀中心の後期倭寇に分けられますが、前期倭寇は北九州や瀬戸内海を根拠地とした日本人集団が、朝鮮を中心に中国沿岸を南下し、食料・奴婢・銅銭などを奪いました。後期倭寇は16世紀になって華中・華北一帯で活発化したもので、その多くは武装して密貿易などを行なっていた中国人による活動ともいわれてます。


 13~16世紀に朝鮮,中国の沿岸を襲った海賊集団に対する朝鮮,中国側の呼称。北九州,瀬戸内海沿岸の漁民,土豪が中心で,もともと私貿易を目的としていたが,しばしば暴力化した。しかし,倭寇日本人とは限らず,その構成の大部分が中国人の場合,ポルトガル人を含む場合などもあった。


 「倭寇(わこう)」は時代によってメンバーの国籍は様々。日本人もいたし、支那人や高麗人や仏郎機人(フランキ。ポルトガル人・スペイン人)も多かった。
 


 
 倭寇
 東アジアで活動した日本人を主体とした海賊。13~14世紀の前期倭寇、15世紀後半~16世紀の後期倭寇に分けられる。略奪行為だけではなく、東アジア海域の私貿易の側面も強かった。前期倭寇は朝鮮王朝の成立、後期倭寇は明の衰退と関係が深い。豊臣政権の統制によって姿を消した。
 
 倭寇は13~16世紀に東アジアの朝鮮、中国の海岸で活動した海賊で、主として九州沿岸の日本人であったので倭寇といわれる。広く倭寇と言うが、活動期は前期と後期に分けられ、またそれぞれ活動の主体も異なる。おおよそ13~14世紀が前期倭寇、15世紀には勘合貿易期で倭寇の活動は衰え、15世紀後半から16世紀に再び活発になって後期倭寇となる。また、倭寇は海賊行為だけではなく、明の海禁政策の中で貿易の利益をあげようという、中国商人と日本商人の私貿易、密貿易の側面もあった。
 前期倭寇
 
 13~14世紀の倭寇は、日本の鎌倉幕府の衰退、南北朝時代の混乱期に出現したもので、壱岐・対馬・松浦地方の三島の土豪や商人、漁民に高麗の海賊が加わって武装し、主として高麗の沿岸を荒らし回った。そのため高麗の衰退を早めることとなった。朝鮮の高麗と中国の明朝はいずれもその取り締まりに手を焼き、明の太祖は海禁政策をとった。
 前期倭寇の衰退 1392年、南北朝の統一が成り、また高麗に代わり李成桂の朝鮮王朝が成立したこと、さらに1404年に室町幕府の将軍足利義満による勘合貿易が開始されたので前期倭寇の活動は収まった。
 倭寇は何人か 中国では海岸部を荒らした海賊を倭人の賊と捉えて「倭寇」と言われていたが、倭寇は何人であるか、という問は意味がない。現在と同じ意味で日本人とか中国人、朝鮮人という区別は当時はなかったからである。より正確には、西日本を中心とした海域を根拠にして、東アジアの海域で活動した海賊および私貿易集団ということができる。
 
 
 7章1節 用語リスト
 
 
 後期倭寇
 
 勘合貿易 15世紀はじめの日明勘合貿易の成立で倭寇は一時収まったが、1523年、寧波での細川氏と大内氏の衝突事件(寧波の乱)以後に衰え、明も海禁政策を強めたので、日本の貿易商は沿岸で略奪に走り、さらに倭寇の活動が活発になった。
 後期倭寇の活動 15世紀後半になると、勘合貿易が衰退し、再び倭寇の活動が活発になってきた。この15世紀後半から16世紀の倭寇を後期倭寇と言っている。後期倭寇の特徴は、日本人だけではなく、福建や広東の沿岸の中国人が多く含まれていたことで、かれらも当時展開されていた国際商業のうねりの中で、明の海禁策に反発し、海外での活動を模索する面があった。後期倭寇は15世紀後半~16世紀に活動した、中国人・日本人などからなる私貿易集団であったと言える。
 北虜南倭 明朝にとって、この倭寇の脅威は大きかったので、「北虜南倭」の「南倭」といわれるた。明朝政府は倭寇の取り締まりに全力をあげ、1556年から翌年にかけて王直という倭寇の首魁を捕らえてようやく鎮圧することができた。
 倭寇の衰退 翌年の1557年にはマカオでポルトガル商人の貿易が始まり、倭寇はポルトガル商人(南蛮商人)とも競争することとなった。1567年には明朝政府は海禁策をやめ、貿易再開と中国人の海外渡航を認めた。またスペインは1571年にマニラ市を建設して、中国との貿易、さらに太平洋をまたいだガレオン貿易を展開するようになった。このようなポルトガル・スペインとの競合は、倭寇の活動の場を狭くすることとなった。
 豊臣秀吉の海賊停止令 日本でも戦国時代の争乱が次第におさまり、織豊政権による統一が進むと豊臣秀吉は1588年、刀狩令と同じ日に海賊停止令(海賊取締令とも言う)を出し、倭寇の取り締まりを西国大名に命じた。そのねらいは、刀狩令が農村での農民掌握と同じように、漁村での海民の調査と掌握であり、同時に海賊行為を禁止することで秀吉による「海の平和」を実現することで、「海の刀狩り」といえるものであった。これによって瀬戸内海の海賊だけでなく、九州沿岸を根拠とした倭寇の活動も取り締まりの対象とされ、彼らは姿を消していった。秀吉は「海の平和」を実現することによって、明に勘合貿易の再開を迫るという外交構想の土台としていた。<藤木久志『刀狩り―武器を封印した民衆―』2005 岩波新書 p.118>
 豊臣秀吉は、倭寇のような私貿易を禁止して朱印船貿易による貿易統制に乗りだし、さらに徳川家康もそれを継承したので、倭寇の活動は衰え、かわって長崎を拠点とした朱印船貿易家が活躍するようになる。17世紀の東アジア海域では、朱印船や明船、ポルトガル船が活発に交易を行い、それをオランダ船か王直や鄭芝竜・鄭成功親子のような中国人海賊が襲撃するという状況となる。
 


 
 倭寇(読み)わこう
 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
 倭寇
 わこう
 
 13~16世紀に朝鮮,中国の沿岸を襲った海賊集団に対する朝鮮,中国側の呼称。北九州,瀬戸内海沿岸の漁民,土豪が中心で,もともと私貿易を目的としていたが,しばしば暴力化した。しかし,倭寇日本人とは限らず,その構成の大部分が中国人の場合,ポルトガル人を含む場合などもあった。その活動の時期は前後2期に大別される。前期は南北朝~室町時代初期,主として朝鮮沿岸を活動の舞台として中国沿岸にも及び,そのため高麗は滅亡を早めたほどであった。しかし,李氏朝鮮の対馬を中心とする統制貿易,日明勘合貿易の発展とともに消滅した。勘合貿易が行われなくなると再び倭寇の活躍をみたが,後期倭寇の活動舞台は主として東シナ海,南洋方面で,明はこれを南倭と称して北虜とともに二大患とした (→北虜南倭 ) 。しかし,明の海防の強化と,国内を統一した豊臣秀吉の賊船停止の命令で倭寇は姿を消した。
 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報
 
 デジタル大辞泉の解説
 わ‐こう【×倭×寇/和×寇】
 13世紀から16世紀にかけて、朝鮮および中国大陸沿岸に出没し、略奪行為や密貿易を行った海賊集団に対する朝鮮・中国側の呼称。15世紀までの前期倭寇は瀬戸内海・北九州を本拠とした日本人が多かったが、16世紀の後期倭寇は中国人を主体とした。八幡(ばはん)。
 出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例
 
 百科事典マイペディアの解説
 倭寇【わこう】
 
 鎌倉末期?戦国時代,朝鮮半島・中国大陸沿岸を襲った海賊に対する朝鮮・中国側の呼称。南北朝末期から室町初期にかけて,朝鮮半島の被害は大きく,ために高麗(こうらい)王朝は滅亡を早めたといわれる。勘合貿易が始まって,倭寇活動は一時下火となったが,戦国時代,中国から南方にかけて再びその活動が激化した。倭寇の構成員は,おもに九州や瀬戸内海沿岸の漁民と土豪からなっていたが,のち中国(明)人もふえ,ポルトガル人も加わった。
 →関連項目応永の外寇|海禁|カモンイス|高山[町]|五島列島|世宗|朝貢貿易|鎮海(中国)|日明貿易|八幡船|万暦帝|北虜南倭|マカオ
 出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報
 
 世界大百科事典 第2版の解説
 わこう【倭寇
 朝鮮半島,中国大陸の沿岸や内陸および南洋方面の海域で行動した,日本人をふくむ海賊的集団に対して朝鮮人や中国人がつけた称呼。本来は〈日本の侵寇〉あるいは〈日本人の賊〉という意味だが,時代と地域によって,その意味する内容は多様で,倭寇を連続した歴史概念としてとらえることは不可能である。文字の初見は404年の高句麗広開土王碑文にあるものだが,豊臣秀吉の朝鮮出兵も20世紀の日中戦争もひとしく倭寇の文字であらわされた。
 出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報
 
 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
 倭寇
 わこう
 
 中国・朝鮮の文献にみえる名辞で、本来の意味は、日本人の寇賊(こうぞく)行為ないしその行為をする人物および集団をさすものであるが、実体は時代や地域によって相違し、かならずしも一定してはいない。倭寇の文字が古く用いられた例は高句麗(こうくり)広開土王(こうかいどおう)の碑文にあり、新しい例では日中戦争時の日本軍が中国で20世紀的倭寇とよばれている。なお豊臣秀吉(とよとみひでよし)の朝鮮出兵は万暦(ばんれき)倭寇であった。倭寇とよばれるもののなかで、もっともよく知られているのは、14世紀から15世紀初頭まで朝鮮半島と中国大陸の沿岸で行動したものと、16世紀の後半に中国大陸南岸や南洋方面で行動したものとである。[田中健夫]
 14~15世紀の倭寇目次を見る
 『高麗史(こうらいし)』に倭人が朝鮮半島に寇した記事が初めてみえるのは1223年(貞応2)で、日本側の記録でも1232年(貞永1)に鏡社(かがみしゃ)(佐賀県唐津市)の住人が高麗から珍宝を奪って帰ったと記している。しかし、大規模な倭寇集団の行動が起こるのは1350年(正平5・観応1)以後で、この年以後毎年のように倭寇は朝鮮半島の沿岸を荒らしている。倭寇が略奪の対象としたものの第一は米穀である。租粟(そぞく)を収める漕倉(そうそう)とそれを運搬する漕船(そうせん)がまず攻撃の目標になった。ついで沿岸の住民が第二の略奪対象になった。捕虜にされた高麗人は日本に連れてこられただけでなく、遠く琉球(りゅうきゅう)にまで転売されることもあった。高麗では高官を日本に派遣し、倭寇を禁止するように求めるとともに、日本在住の高麗人捕虜を買って帰国させた。日本から捕虜を高麗に送還すれば相当の対価が支払われた。倭寇の構成員は、日本の名主(みょうしゅ)・荘官(しょうかん)・地頭(じとう)などを中心とする海賊衆、海上の浮浪者群、武装した商人などのほかに、高麗で禾尺(かしゃく)・才人(さいじん)といわれた賤民(せんみん)群が合流することがあった。禾尺は牛馬のと畜や皮革の加工、柳器の製作などに従った集団、才人は仮面芝居や軽業を職とした集団で、伝統的に蔑視(べっし)されていた。
 1392年、王氏の高麗王朝にかわって李(り)氏の朝鮮王朝が成立すると、高麗時代からの外交折衝による倭寇鎮圧策を継承するとともに国防の体制を整備し、新たに倭寇を懐柔する政策を採用した。この政策により、倭寇は朝鮮に投降して官職や衣料、住居などを受けるもの、使人(しじん)や商人として貿易に従うもの、従来どおり海賊行為を続けるものなどに分解変質し、やがて消滅していった。朝鮮側では1419年(応永26)、倭寇の巣窟(そうくつ)ないし通過地とみなした対馬(つしま)の掃討を目的として大軍を対馬に送り込んだ。これが応永(おうえい)の外寇(がいこう)で、朝鮮では己亥東征(きがいとうせい)とよんだ。こののち朝鮮では対馬の宗(そう)氏を優遇して、日本からの渡航者を管理する役目を与え、倭寇再発の防止に備えた。
 朝鮮半島を襲った倭寇は転進して中国大陸に向かい、元(げん)や明(みん)を攻撃した。明の太祖(たいそ)(洪武帝)は海岸の警備を厳重にするとともに、日本の征西将軍懐良親王と折衝して倭寇を防止しようとしたが、成果はあがらなかった。明の成祖(せいそ)(永楽帝)のときになって足利義満(あしかがよしみつ)との間に通交の体制ができ、以後中国大陸の倭寇も鎮静した。[田中健夫]
 16世紀の倭寇目次を見る
 16世紀になり、中国大陸の南岸から南洋方面にかけて、また倭寇とよばれる集団の活動が始まった。もっとも勢力が盛んだったのは1522年(明の嘉靖1年)以後約40年間にわたって行動したもので嘉靖(かせい)大倭寇といわれる。この時期の倭寇の特色は、構成員中に占める日本人の率がきわめて少なく、大部分が中国人であったこと、東アジアの海域に初めて姿を現したポルトガル人も倭寇の同類として扱われたことである。倭寇に捕らえられた中国人が、髪を剃(そ)られてにせの倭寇に仕立てられ、一群に加えられることも珍しくなかった。明では太祖のとき以来、海禁(かいきん)という一種の鎖国政策をとって中国人の海上活動を禁じていたが、経済活動が発達した16世紀ではこの政策の維持が困難となり、海上で密貿易を行うものが激増した。郷紳(きょうしん)、官豪(かんごう)などとよばれた地方の富豪層も密貿易者群と結んでその活動を助長した。ポルトガル人も明から正式の貿易許可が得られなかったので密貿易者となった。そこに日本商船が、当時国内で生産量を急増させていた銀を所持して南下し、合流した。これらの人々は中国の官憲から一括して倭寇とみられたのである。彼らは浙江(せっこう)省の隻嶼(そうしょ)、ついで瀝港(れきこう)を根拠地として盛んな密貿易を行った。この地が中国官憲の攻撃により壊滅すると、彼らは根拠地を日本に移し、中国大陸沿岸に出動して寇掠(こうりゃく)活動を行った。倭寇の集団は分裂・合体を繰り返し、その行動は複雑な様相をみせたが、もっとも有名だったのは王直(おうちょく)である。王直は日本の平戸(ひらど)や五島(ごとう)地方を根拠とし、大船団を組織してしばしば中国の沿岸を侵した。彼は、1543年(天文12)に種子島(たねがしま)に漂着して日本に初めて鉄砲を伝えたという外国船のなかの乗員の1人であり、五峰(ごほう)先生とよばれて尊敬を受けていた。彼は密貿易の調停者としての資格を備えた人物で、密貿易者の交易を保護代行したり、倉庫、売買の斡旋(あっせん)をしたりしたらしい。明では王直一派の掃討に手をやき、帰国すれば罪を許して貿易を許可するとして誘引し、彼が帰国すると投獄、斬首(ざんしゅ)した。
 倭寇に参加した日本人は、鄭若曽(ていじゃくそう)の『籌海図編(ちゅうかいずへん)』によると、薩摩(さつま)、肥後、長門(ながと)の人がもっとも多く、大隅(おおすみ)、筑前(ちくぜん)、日向(ひゅうが)、摂津、播磨(はりま)、紀伊、種子島、豊前(ぶぜん)、豊後(ぶんご)、和泉(いずみ)の人々であったという。船は3~5月ころ五島または薩摩を発し、大小琉球(沖縄、台湾)を経て、江南、広東(カントン)、福建に至ったという。倭寇の残虐行為として類型化して伝えられているのは「縛嬰沃湯(ばくえいようとう)」と「孕婦刳腹(ようふこふく)」である。前者は幼児を柱にくくりつけて熱湯をかけ、その泣き声を聞いて喜ぶというもの。後者は妊婦の腹を裂いて、男女のどちらをはらんでいたかを当てる賭博(とばく)であるという。一方、倭寇が善良な住民に温情を示したという話もなくはなかった。明では胡宗憲(こそうけん)、戚継光(せきけいこう)、兪大猷(ゆだいゆう)らが海防にあたって成果をあげ、1567年には200年にわたった海禁令が緩められ、南海地方との貿易が許されて、倭寇活動は鎮静に向かった。この時代、明では数多くの日本研究書が発表され、中国におけるこれまでの日本認識は一変した。[田中健夫]
 『田中健夫著『倭寇――海の歴史』(教育社歴史新書)』
 [参照項目] | 応永の外寇
 
 
 倭寇の侵略地と根拠地
 
 
 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例
 
 世界大百科事典内の倭寇の言及
 【海南島】より
 
 … 唐・宋時代を通じ海上交通の要衝にあたり,南海貿易に従事する中国船やアラビア船の仮泊地として利用された。また海賊の根拠地でもあり,唐代より多数の商船が略奪に遭い,明代には倭寇鎮圧のため海南兵備道を置き,警備を厳重にした。唐代には,有名な僧鑑真らが日本渡航の際,748年(天宝7)にここに漂着した。…
 
 【嘉靖の大倭寇】より
 …16世紀中国,明の嘉靖年間(1522‐66)に中国大陸沿岸をはじめ日本・朝鮮・南洋方面などを舞台にして行動した倭寇。16世紀の倭寇の構成員は,日本人は10~20%にすぎず,大部分は中国の浙江・福建地方の密貿易者で,当時東アジアに進出してきたポルトガル人もこれに加わった。…
 
 【高麗】より
 …このころから新しい外患が起こった。のちに明を生み出す,農民運動の流れをくんだ中国の紅巾軍(紅巾の乱)が2回にわたって侵入し(1359,61),また倭寇の襲来が激化した。高麗は室町幕府に禁圧を求める一方,防備をかためて反撃し,また倭寇の根拠地の対馬を討った(1389)。…
 
 【寺院建築】より
 …
 [高麗]
 高麗時代に入って半島北部の開城に首都が遷り,仏教は国教として厚く保護され,全国各地に多くの寺院が建てられた。しかし,度重なる外寇,とくに高麗末期の倭寇の侵入によってその多くは焼失した。高麗時代後半の建築には強い胴張りをもつ柱,斗?(ときよう)形式に三国時代以来の古い要素をなおも残しているが,三国統一前後から唐文化の影響を強く受けて統一新羅時代に定着した唐様式を継承している。…
 
 【戚継光】より
 …字は元敬,諡(おくりな)は武毅。1552年(嘉靖31)以後のいわゆる後期倭寇の大侵攻に当たり,総兵官胡宗憲のもとにあって,その鎮定に努力した。57年には倭寇の大頭目王直を捕らえたのをはじめ,63年の平海衛の戦でも倭寇の主力を撃滅し,兪大猷とともに偉功をたてた。…
 
 【瀬戸内海】より
 …これら海上勢力と幕府との関係に注目すると,一部は守護体制の枠内でとらえられていたが,守護体制の枠外にあって将軍直参(じきさん)として公方(くぼう)奉公の形をとったものもあった。鎌倉後期から大陸沿岸を荒らした倭寇(わこう)には瀬戸内の海上勢力も含まれていた。南北朝期に倭寇の禁圧と引きかえに貿易の利をおさめる政策がとられ,ついで義満の勘合貿易開始以後倭寇は減少したが,以後も瀬戸内住民の倭寇は跡を絶たなかった。…
 
 【籌海図編】より
 …1562年に中国,明の鄭若曾によって編集された海防のための倭寇研究書。13巻。…
 
 【朝鮮】より
 …山城は,異民族の侵略が度重なる北方では城壁や城門に巨石を用いた巨大なものが多く,異民族侵略の少ない南方では,小型の山城を使用していた。しかし,14世紀以降,倭寇の侵略にあうと,南方の山城も強大になり,組織化された。豊臣秀吉の侵略時には,これに対抗するため100城以上の山城が築城され,義兵の根拠地にもなった。…
 
 【対馬島】より
 … この時期は日本・高麗間に国交はなかったが,1019年刀伊の入寇を契機に,九州や壱岐,対馬から貿易船が通うようになった。モンゴル襲来後この貿易は断絶,さらに高麗の弱体化と南北朝内乱などの原因が重なり,1350年(正平5∥観応1)以後,大規模な倭寇が高麗沿岸から中国遼東半島を襲った。倭寇は対馬,壱岐,松浦地方の住民が主体で,対馬を根拠地にして,米豆などの食糧と住民を略奪した。…
 
 【日元貿易】より
 …また日本遠征の失敗後,元の官吏は日本商船に高い関税をかけるなどして圧迫し,日本商船との間に衝突がおこった。ときに武力衝突に至ることもあり,これが常習化してやがて倭寇(わこう)となった。元からの輸入品には銅銭,陶磁器,香料,薬材,書籍,経典,絵画,茶,織物などがあり,日本では唐物として珍重され,日本の経済や文化に大きな影響を与えた。…
 
 【日明貿易】より
 …15世紀から17世紀にかけて,日本と中国の明との間で行われた貿易。勘合貿易と俗称されている勘合船による貿易と,倭寇(わこう)などによって行われた密貿易とがある。足利義満が明との通交開始に成功したのは,15世紀の初め博多商人肥富(こいつみ)が明から帰って通交の利を義満に説いたのが原因であったという。…
 
 【八幡船】より
 …語源は外国語であるという意見が有力である。ただ江戸中期に書かれた《南海通記》が倭寇(わこう)が八幡宮の幟(のぼり)を立てていたので八幡船と呼ばれたと書いたところから,ばはん船は八幡船であり,すなわち倭寇の異名であるとする考えが広く流布するようになった。【田中 健夫】。…
 
 【北虜南倭】より
 …北虜とは明を北方から侵略したモンゴル族のこと。南倭とは東南沿海を侵略した倭寇を指す。1449年(正統14),オイラート部のエセンが侵寇して土木の変を引き起こし,明は大きな打撃を受けた。…
 
 【松浦党】より
 …しかし南北朝動乱の終結により軍事的結束を主目的とする一揆は消滅しているが,郡内各地に居住する小範囲の住人による惣的結合が結ばれ,惣構成員の行動を制約し,共同体の共存を図っている。室町時代の松浦党は倭寇として活躍しており,朝鮮,中国側では松浦地方を倭寇の根拠地と考えていた。室町幕府は中国側よりの倭寇取締り要求によって,勘合貿易を行うことになったが,松浦党は勘合貿易から締め出されていたので,従来どおり武装して密貿易を強行することを余儀なくされていた。…
 
 【明】より
 …厳嵩は帝の信任を背景として権勢をふるったが,その力はもっぱら蓄財に注がれ,政治上は目前を糊塗するに終始し,最後は弾劾を受けて罷免された(1562)。 北でモンゴル人の侵入がくり返されている間に,東南沿海地方では後期倭寇の騒乱が起こった。両者は北虜南倭と併称されるが,経済的要求に対して明朝の対応が適切でなかったと考えられる点では,両者共通の契機があった。…
 
 【明】より
 …厳嵩は帝の信任を背景として権勢をふるったが,その力はもっぱら蓄財に注がれ,政治上は目前を糊塗するに終始し,最後は弾劾を受けて罷免された(1562)。 北でモンゴル人の侵入がくり返されている間に,東南沿海地方では後期倭寇の騒乱が起こった。両者は北虜南倭と併称されるが,経済的要求に対して明朝の対応が適切でなかったと考えられる点では,両者共通の契機があった。…
 
 【李朝】より
 …実学儒教朝鮮文学李朝美術
 【日本との関係】
 518年に及ぶ李朝時代は日本室町時代から明治時代までにほぼ対応する。
 [高麗末・李朝初期]
 この時期における日朝間の最大の問題は倭寇であった。高麗末期,高麗政府は軍備強化,対馬(倭寇の根拠地)攻撃,倭寇禁圧要求使節の日本派遣など,倭寇対策に力を入れたが,李朝政府もこの政策をひきつぎ,防備体制を固めるとともに室町幕府や西日本の諸大名に使節を送って倭寇禁圧を要求した。…
 
 ※「倭寇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。
 
 出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について