歴史・人名

飛鳥時代

飛鳥時代追加
600紀元(1-600)/飛鳥時代(6世紀末 - 710)(日本-飛鳥時代-飛鳥時代)編集
600アヴァール族、ドナウ川以北に撤退 スラヴ族、バルカン半島を南下(欧州-ローマ-飛鳥時代)編集
601聖徳太子、班鳩宮をつくる(日本--飛鳥時代)編集
602百済僧観勒、暦法などを伝える(日本--飛鳥時代)編集
603小墾田宮に移る 冠位十二階制定 太秦に広隆寺建立(日本--飛鳥時代)編集
603ササン朝ペルシアと抗争(欧州-ローマ-飛鳥時代)編集
604煬帝が即位(~618)(アジア--飛鳥時代)編集
604役人に初めて冠位を与える 十七条憲法制定(日本--飛鳥時代)編集
604隋・楊氏・・ 煬帝・即位(中国-隋-飛鳥時代)編集
605煬帝が大運河の工事に着手(アジア--飛鳥時代)編集
605煬帝が大運河を開く(アジア--飛鳥時代)編集
607敬神の詔 法隆寺建立 小野妹子らを遣隋使として派遣(日本--飛鳥時代)編集
607小野妹子を随に派遣(日本--飛鳥時代)編集
607法隆寺創建(日本--飛鳥時代)編集
608遣隋使小野妹子帰国(日本--飛鳥時代)編集
609肥後国に百済人80余人漂着(日本--飛鳥時代)編集
610マホメットのイスラム教成立( --飛鳥時代)編集
610マホメット(ムハンマド)がイスラム教・創始の布教を開始(アジア--飛鳥時代)編集
610高句麗僧、紙・墨・絵具の製法を伝える(日本--飛鳥時代)編集
610ヘラクレイオス朝 ヘラクレイオスの反乱(欧州-ローマ-飛鳥時代)編集
613難波より大和に至る大道開通(日本--飛鳥時代)編集
614犬上御田鍬を隋に派遣(翌年帰国)(日本--飛鳥時代)編集
616掖玖人30人(南方の屋久島島民)来渡(日本--飛鳥時代)編集
617隋・楊氏・・ 恭帝(中国-隋-飛鳥時代)編集
617恭帝・即位(中国-隋-飛鳥時代)編集
618李淵(りえん)を初代皇帝として、一時武則天(則天武后)による簒奪を受けましたが(周:684~705 )、基本的には李氏20代、約300年続きました。特に2代太宗の治世を「貞観の治」、6代玄宗の治世前半を「開元の治」といい、唐の最盛期です。(中国-唐-飛鳥時代)編集
618皇帝を頂点とする中央集権型の国家体制を確立し、その政治体制は朝鮮や日本などの周辺国家にも広く影響を与えました。外戚をはじめとする貴族・権臣勢力や、安史の乱以降は藩鎮勢力、晩期になると宦官達にも悩まされ、皇帝は権限を失い国家は衰退します。王仙芝、黄巣の乱などの混乱の末、哀帝(李祝)が朱全忠(後梁の太祖)に位を譲り、滅亡しました。(中国-唐-飛鳥時代)編集
618弱小中央政権と地方政権が乱立し、有力な節度使や州の行政長官が自ら「公」や「王」と称し、自分たちの支配が及ぶ土地で勝手気ままに暴君として君臨していました。そのような中で四方を山に守られた四川には唐から亡命した高官や詩人、芸術家の避難場所となりました。なお、現在の省区分はこの時代にさかのぼります。(中国-唐-飛鳥時代)編集
618煬帝が自殺、隋が滅亡。唐の成立、中国を統一(アジア-中国/隋/唐-飛鳥時代)編集
618唐・李氏・・ 高祖・即位(中国-唐-飛鳥時代)編集
618唐(618-907)(アジア-中国-飛鳥時代)編集
621新羅来貢し、初めて上表する(日本--飛鳥時代)編集
622マホメットがメジナに逃れる(ヘジラ・回教紀元元年)( --飛鳥時代)編集
622ヘジラ(マホマットがメジナへ)聖遷(アジア--飛鳥時代)編集
622聖徳太子死去(日本--飛鳥時代)編集
623留学生恵日ら帰国、唐との国交を建言(日本--飛鳥時代)編集
624蘇我馬子、葛城県を要求、天皇許さず(日本--飛鳥時代)編集
626蘇我馬子死し、その子蝦夷、大臣となる 長雨による大飢饉(日本--飛鳥時代)編集
626唐・李氏・・ 太宗・即位 →貞観の治(アジア-中国/唐-飛鳥時代)編集
626アヴァール族とスラヴ族、コンスタンティノポリスを攻撃(欧州-ローマ-飛鳥時代)編集
627貞観の治(-649)(アジア-中国/唐-飛鳥時代)編集
629唐の玄奘がインド旅行へ出発(中国-唐-飛鳥時代)編集
629田部(耕地民)連を掖玖(やく)に派遣(日本--飛鳥時代)編集
62901/04 第34代 舒明天皇(日本--飛鳥時代)編集
630アラブの征服(シリア、メソポタミア、イラン、エジプト)(~651)(中東-イラン-飛鳥時代)編集
630第一回遣唐使犬上御田鍬を派遣(日本--飛鳥時代)編集
631百済王子豊璋、人質として来日(日本--飛鳥時代)編集
632マホメットの死(正統カリフ時代へ)(アジア--飛鳥時代)編集
632犬上御田鍬、唐使高表仁を伴い帰国(日本--飛鳥時代)編集
636大旱魃で飢饉広がる(日本--飛鳥時代)編集
636ヤルムークの戦い、シリアをイスラムに奪われる(欧州-ローマ-飛鳥時代)編集
638セルビア人とクロアチア人をアヴァール族対策でバルカン半島中部に定着させる(欧州-ローマ-飛鳥時代)編集
640高向玄理・南淵請安ら帰国(日本--飛鳥時代)編集
642ニハーヴァンドの戦い( --飛鳥時代)編集
642蝦夷の子蘇我入鹿執政となる(日本--飛鳥時代)編集
642アレクサンドリアをイスラムに奪われる(欧州-ローマ-飛鳥時代)編集
64201/15 第35代 皇極天皇(日本--飛鳥時代)編集
643入鹿、山背大兄王を襲い、王一族自害(日本--飛鳥時代)編集
645乙巳の変、中大兄皇子(のちの天智天皇)・中臣鎌足ら、蘇我入鹿を殺す 大化の改新 戸籍作成 男女良賎の法制定 年号制定(日本-大化-飛鳥時代)編集
64506/14 第36代 孝徳天皇(日本--飛鳥時代)編集
64506/19 大化(たいか)(645.6.19-649)(日本-大化-飛鳥時代)編集
646大化改新の詔を発布 東国の国司を任命 薄葬令=墳墓葬送の制(日本-大化-飛鳥時代)編集
647七色十三階の冠位を制定 渟足柵(ぬたりのき) を設ける(日本-大化-飛鳥時代)編集
648磐船柵(いわふねのき)を設ける(日本-大化-飛鳥時代)編集
648キプロスをイスラムに奪われる(欧州-ローマ-飛鳥時代)編集
649冠位19階を制定し、八省百官をおく(日本-大化-飛鳥時代)編集
649唐・李氏・・ 高宗・即位(中国-唐-飛鳥時代)編集
650長門国から献上された白雉により改元(日本-白雉-飛鳥時代)編集
65002/15 白雉(はくち)(650.2.15-654)孝徳天皇崩御後使わなくなった。(日本-白雉-飛鳥時代)編集
651ササン朝ペルシャ滅亡(アジア--飛鳥時代)編集
652戸籍作成、里・五保の制 最初の班田収受を施行(日本-白雉-飛鳥時代)編集
652シチリア・ロードス島をイスラムに奪われる(欧州-ローマ-飛鳥時代)編集
653遣唐使船、薩摩之曲・竹嶋之間(薩摩竹島)で沈没(日本-白雉-飛鳥時代)編集
653中大兄、天皇と不和になり飛鳥に移る(日本-白雉-飛鳥時代)編集
654玄理らを唐に派遣(日本-白雉-飛鳥時代)編集
655蝦夷・隼人が多数服属隼人衆上京(日本-斉明-飛鳥時代)編集
655アフリカをイスラムに奪われる(欧州-ローマ-飛鳥時代)編集
65501/03 第37代 斉明天皇(日本--飛鳥時代)編集
658阿部比羅夫、蝦夷を打つ 有間皇子謀反で処刑(日本-斉明-飛鳥時代)編集
660百済、唐・新羅に敗れ、百済の遺臣が救いを求める(日本-斉明-飛鳥時代)編集
660百済の滅亡(アジア--飛鳥時代)編集
661斉明天皇・中大兄、百済再興のため出発(日本-斉明-飛鳥時代)編集
661ウマイア朝(サラセン帝国)成立(~750)(アジア--飛鳥時代)編集
661(ムアウィア1世がシーア派を打倒しカリフとなる。)(アジア--飛鳥時代)編集
662阿曇比羅夫、百済再興に向かう(日本-天智-飛鳥時代)編集
663白村江の戦い(アジア-百済/日本-天智-飛鳥時代)編集
663百済が唐に滅ぼされる(アジア-百済/唐-飛鳥時代)編集
664冠位二十六階制定(日本-天智-飛鳥時代)編集
664対馬・壱岐・筑紫などに防人を置き筑紫に水城(日本-天智-飛鳥時代)編集
665前郡におく 長門・筑紫に山城を築く(日本-天智-飛鳥時代)編集
665唐使来日、入京 百済人400人余を近江国神(日本-天智-飛鳥時代)編集
666百済人2000人を東国に移す(日本-天智-飛鳥時代)編集
667近江大津宮に遷都 大和・讃岐・対馬に築城(日本-天智-飛鳥時代)編集
668近江令を制定(日本-天智-飛鳥時代)編集
668高句麗が唐に滅ぼされる(アジア--飛鳥時代)編集
66801/03 第38代 天智天皇(日本--飛鳥時代)編集
668靺鞨は668年、高句麗が唐の攻勢を受けて滅亡(-飛鳥時代)編集
669鎌足危篤に際し、大織冠と藤原姓を与える(日本-天智-飛鳥時代)編集
669百済人700余人を近江 国蒲生郡におく(日本-天智-飛鳥時代)編集
670初の全国的な戸籍をつくる 美濃に不破関を設置(日本-天智-飛鳥時代)編集
671大友皇子、太政大臣になる 天智天皇没(日本-天智-飛鳥時代)編集
67112/05 第39代 弘文天皇(日本--飛鳥時代)編集
672壬申の乱(日本-弘文-飛鳥時代)編集
672擦文時代(7世紀-13世紀)(--飛鳥時代)編集
672白鳳文化(--飛鳥時代)編集
67302/27 第40代 天武天皇(日本--飛鳥時代)編集
674イスラムにコンスタンティノポリスを包囲される(欧州-ローマ-飛鳥時代)編集
675諸氏の部曲を廃止し、王臣・諸寺に与えた山林などを没収(日本-天武-飛鳥時代)編集
676新羅朝鮮半島を統一(アジア--飛鳥時代)編集
676新羅の三国統一(アジア--飛鳥時代)編集
679逢坂山に関を設置(日本-天武-飛鳥時代)編集
679多禰島(種子島)に使いを派遣(日本-天武-飛鳥時代)編集
681多禰島(種子島)使人ら多禰国図を献ず(日本-天武-飛鳥時代)編集
681律令の編纂を開始(日本-天武-飛鳥時代)編集
681ブルガール人のバルカン定住を認め、ブルガリア王国建国(欧州-ローマ-飛鳥時代)編集
682王臣の食封を没収す(日本-天武-飛鳥時代)編集
682大隈隼人・阿多隼人上京方物を献ず 多禰が(日本-天武-飛鳥時代)編集
682島・掖玖島など服属(日本-天武-飛鳥時代)編集
683大津皇子、国政に参画(日本-天武-飛鳥時代)編集
684八色の姓を制定(日本-天武-飛鳥時代)編集
684唐・李氏・・ 中宗(中国-唐-飛鳥時代)編集
684唐・李氏・・ 睿宗(中国-唐-飛鳥時代)編集
684中宗・即位(中国-唐-飛鳥時代)編集
684睿宗・即位(中国-唐-飛鳥時代)編集
686大津皇子の変=謀反の嫌疑で捕らえられ自害(日本-朱鳥-飛鳥時代)編集
68607/02 朱鳥(しゅちょう)(686.7.2)天武天皇崩御後使わなくなった。(日本-朱鳥-飛鳥時代)編集
687高句麗の渡来人を常陸国に新羅の渡来人を下毛野国におく(日本-持統-飛鳥時代)編集
689新羅の渡来人を下毛野国におく 飛鳥浄御原令施行(日本-持統-飛鳥時代)編集
689筑紫大宰栗田真人、隼人174人と布・牛皮・鹿皮を献ず(日本-持統-飛鳥時代)編集
690戸令により戸籍をつくらせる(日本-持統-飛鳥時代)編集
690唐の建国(中国-唐-飛鳥時代)編集
690唐・李氏・・ 則天武后(中国-唐-飛鳥時代)編集
690武韋の禍はじまる(アジア--飛鳥時代)編集
690則天武后・即位(中国-唐-飛鳥時代)編集
69001/01 第41代 持統天皇(日本--飛鳥時代)編集
691奴婢、陵戸の制を定める(日本-持統-飛鳥時代)編集
694藤原京に遷都(日本-持統-飛鳥時代)編集
696大祚栄が出て、高句麗を復興させるとして、696年に遼東地方に震国を建てた。(-飛鳥時代)編集
69708/01 第42代 文武天皇(日本--飛鳥時代)編集
698公私奴婢の逃亡多く、笞刑を定める(日本-文武-飛鳥時代)編集
698震国(のちの渤海)成立(アジア-中国-飛鳥時代)編集
700道昭(行基の師)没し、火葬する(火葬の初め)(日本-文武-飛鳥時代)編集
701日本の大宝律令が制定(日本-大宝-飛鳥時代)編集
70103/21 大宝(たいほう)(701.3.21-703)(日本-大宝-飛鳥時代)編集
702初めて度量を諸国に分かつ 律令を分かつ薩摩国・多禰国を置く(日本-大宝-飛鳥時代)編集
704疾病・飢饉の流行(日本-慶雲-飛鳥時代)編集
70405/01 慶雲(けいうん)(704.5.1-707)(日本-慶雲-飛鳥時代)編集
705周終わり。唐復活(アジア-中国-飛鳥時代)編集
706田租の法を改め、1町22束を15束とする(日本-慶雲-飛鳥時代)編集
70707/17 第43代 元明天皇(日本--飛鳥時代)編集
708武蔵国、和銅を献上 銀銭・銅銭を鋳造(日本-和銅-飛鳥時代)編集
70801/11 和銅(わどう)(708.1.11-714)(日本-和銅-飛鳥時代)編集
709巨勢麻呂・佐伯石湯、蝦夷を平定(日本-和銅-飛鳥時代)編集
709薩摩隼人郡司以下188人朝貢(日本-和銅-飛鳥時代)編集
710飛鳥時代/奈良時代(710 - 794)(日本-奈良時代-飛鳥時代)編集
710薩摩国は舎人を、日向国は采女を貢ぐことを命ず(日本-和銅-飛鳥時代)編集
710奈良平城京に遷都(日本-和銅-飛鳥時代)編集
710[ 飛鳥時代 > 奈良時代 ](710 - 794-飛鳥時代)編集