歴史・人名

縄文草創期

● 草 創 期(そうそうき) 縄文文化の黎明期(約1万~1万4,500年前)
 この時代は縄文文化の黎明期である。北海道を除く日本列島のほぼ全域で土器の使用が始まり、一部の地域では初源的な竪穴住居も作られるなど、少しずつ縄文文化的な定住社会が形成し始められた。
 土器の様式は、当初は、関東地方に盛行した撚糸文(よりいともん)土器様式までを指していた。しかし、その後の研究で、旧石器時代の影響を残す石槍などの石器群、初源期の石鏃などを含んだ隆起線文土器、多縄文系土器様式までを該当させる意見が大勢を占めつつあるが、まだ完全なコンセンサスを得るには至っていない。最近では、これよりさらに古い無文土器が存在することも示されている。研究者によっては、この土器を含めて晩期旧石器時代あるいは中石器時代と呼ぶことがある。

縄文草創期追加
-16500旧石器時代/縄文時代-縄文草創期(約16500年前-紀元前3世紀) (アジア-日本-縄文時代)編集
-16500日本最古の土器 日本の土器、世界最古なの? (アジア-日本-縄文時代)編集
-16500縄文文化 (アジア-日本-縄文時代)編集
-12000稲作農耕  (アジア-中国)編集
-11000福井洞穴遺跡(長崎県)  -7000 (アジア-日本-縄文時代)編集
-10000サツマ火山灰の下に栫ノ原遺跡・掃除山遺跡 (アジア-日本-縄文時代)編集
-10000日本列島が大陸から完全に分離 (アジア-日本-縄文時代)編集
-10000農耕革命。植物を栽培、動物を家畜化。 (アジア-日本-縄文時代)編集
-10000磨製石器・弓矢が出現 (アジア-日本-縄文時代)編集
-9000イェリコの農耕集落  (中東-パレスチナ)編集
-9000パプアニューギニアで植物栽培か  (大洋州-パプアニューギニア)編集
-8000漁労活動活発化、貝塚 (アジア-日本-縄文時代)編集
-8000喜界カルデラ噴火(前6400) (アジア-日本-縄文時代)編集
-8000上野原遺跡・加栗山遺跡・前原遺跡の定住集落 (アジア-日本-縄文時代)編集
-8000竪穴住居の小集落 (アジア-日本-縄文時代)編集
-7500トゥルカナ湖周辺で漁労社会  (アフリカ-)編集
-7000夏島貝塚(神奈川県) -4000  (アジア-日本-縄文時代)編集
-7000縄文草創期/縄文早期 (アジア-日本-縄文時代)編集