歴史・人名

古朝鮮時代

古朝鮮時代

古朝鮮の歴史

年表

   朝鮮半島の歴史(東アジア-朝鮮-先史時代)
-700000先史時代(国史年表)(東アジア-朝鮮-先史時代)
-700000旧石器文化 数十万年前(東アジア-朝鮮-旧石器文化)
-700000約70万年前(旧石器文化)国史年表(国史年表)(東アジア-朝鮮-旧石器文化)
-700000打製石器 人類が石を材料に「加工、製造」した「道具」。打製石器は旧石器時代の指標となる。おおよそ礫石器→握斧→剥片石器→石刃へと段階的に進歩し、細石器を経て磨製石器(新石器時代)に移行する。 礫石器 → 握斧 → 剥片石器 → 石刃技法(東アジア-朝鮮-旧石器文化)
お隣の国、韓国、北朝鮮(朝鮮半島)の歴史について簡単に学んでみましょう。海を隔ててすぐ隣にある朝鮮半島。そこに住む人々はどんな歴史をたどってきたのでしょうか?時代の流れがわかるようになるべく順を追って読んでいってね。
日本と韓国の間には過去の不幸な歴史がある。たとえ観光旅行であっても訪問地に関する最小限の知識は身に付けておきたいものである。(東アジア-朝鮮-先史時代)
-700000旧石器文化 約70万年前 旧石器人の登場 韓半島とその周辺には、約70万年前前から人類が定住し始めたとされています。 旧石器時代の人々は、初めは石をそのまま使用したが、徐々に用途に応じ様々な打製石器をつくった。 獣や魚を捕まえ、植物の実や根を採集し、季節により移動生活をしながら、洞窟や海岸に仮小屋を建てて暮らした。 民族はモンゴル人種に属し、アルタイ語族に属すると考えられる。国史年表(国史年表)(東アジア-朝鮮-先史時代)
-500000旧石器文化時代(約50~10万年前)
約50万年前 洞窟や岩陰、川端に集団で居住。狩猟と植物採取で生活。(東アジア-朝鮮-旧石器文化)
-8000新石器時代の始まり
新石器時代
この頃から新石器時代が始まり、磨製石器と釣り針、針などの骨器、そして櫛目文土器が広く使われた。  新石器時代の人々は竪穴式住居に住み、同じ血筋の氏族が集まり付属をつくり、定住、農耕生活を始めた。(国史年表)(東アジア-朝鮮-新石器時代)
-8000BC6000頃 新石器文化国史年表
新石器時代
この頃から新石器時代が始まり、磨製石器と釣り針、針などの骨器、そして櫛目文土器が広く使われた。 新石器時代の人々は竪穴式住居に住み、同じ血筋の氏族が集まり付属をつくり、定住、農耕生活を始めた。(国史年表)(東アジア-朝鮮-新石器時代)
-5000新石器時代早期-5000-4000
櫛目文土器が広がるBC5000年頃
(東アジア-朝鮮-新石器時代早期)
-4000新石器時代(櫛目文土器時代/侯目文土器)-4000(もしくは-5000)-1000年
新石器時代前期-4000-3000
(東アジア-朝鮮-新石器時代前期)
-3000新石器時代中期-3000-2000(東アジア-朝鮮-新石器時代中期)
-2333古朝鮮時代[BC2333-BC108]
檀君朝鮮[BC2333年ごろ~](東アジア-朝鮮、檀君朝鮮-古朝鮮時代)
-2333 朝鮮半島の歴史は、BC2333年の檀君(タングン)による建国神話からはじまる。この、檀君(タングン)朝鮮からはじまって、次の箕子(キジャ)朝鮮を経て、衛氏(ウィシ)朝鮮までの三王朝を、古朝鮮時代と呼ぶ。 檀君(タングン)と箕子(キジャ)は、神であり人間である神話・伝説の世界の歴史である。(東アジア-朝鮮、檀君朝鮮-檀君朝鮮)
-2333檀君、阿斯達に都し、朝鮮王となるを定める(三国遺事)国史年表(国史年表)(東アジア-朝鮮、檀君朝鮮-)
-2333その1、歴史の始まり・・・檀君神話・古朝鮮古朝鮮を建国した檀君に関する記録は高麗(高句麗)時代の高僧・一然(イルヨン)の書いた「三国遺事」に詳しく書かれている。昔々、天の国に住んでいた桓因(ファニン)の息子の桓雄(ファヌン)は、天の下の人間の世を気にしていた、父が息子の気持ちを察して、下界をながめて見ると、人間の世を作っても良さそうな気がしたので、桓雄に天の息子の証”天賦印”を与えて下におりて治めることを許した。父の許可を得た桓雄は3000人の配下を連れて太白山(テベク山)の神壇樹に降りてきた、そこが神市である、と壇君神話は始まります。しかし、古朝鮮の第一代の王は桓雄ではなく壇君です。壇君はまだ生まれていません、どのようにして生まれてくるのでしょうか。桓雄が世を治めているとき、毎日人間になりたいと心からお祈りをしている虎と熊が同じ洞窟に住んでいました。毎日、お祈りをする虎と熊を見て、二匹の動物にひとにぎりのヨモギとにんにく20個を渡して、桓雄は「それを食べて100日間太陽の光を避ければ人間になれる」といいました。しかし、虎は我慢できずに飛び出してしまった。熊は言いつけを守りきれいな女性に変わりました。しかし、熊の祈りはそこで終わりませんでした。女になった熊は、毎日、神壇樹の下で、子どもを生めるようにして下さいと祈り続けました。そこで、桓雄は男に変身してその熊女(ウンニョ)と結婚し、子どもが生まれました。その子が檀君です。檀君は紀元前2333年に平壌(ピョンヤン)を都にして、国名を朝鮮と呼びました。日が昇るところ、という古代の朝鮮語で、アサダルの漢字表現です。古朝鮮という名称は李成桂[イ・ソンゲ、太祖(テジョ)李氏朝鮮(りしちょうせん1392年-1910年)の始祖]が朝鮮王朝を建てたため、後に二つを区別するために檀君の朝鮮を古朝鮮と呼ぶようになりました。古朝鮮の開国が紀元前2333年というのは重要です。それは韓国の年号である檀紀をかぞえるとき用いる年度であり、今年(2006年)は檀紀4338年記なります。韓国の歴史が始まって今年で4338年目になったという意味。しかし、檀君は単に人の名前ではないという事実も注目に値します。個人を指す固有名詞ではなく、普通名詞です。祭政一致社会、シャーマンの王として政治権力と宗教の権力とを同時に持っていた意味をもつ一般名詞です。古朝鮮は政治と宗教が一致していた社会であったことが分かります。檀君はその後、1500年間、朝鮮を治めて、アサダルの山に入り、山の神になったといわれます。そのとき1908歳だったそうです。とここまでが、「三国遺事」の記録です。神話が事実か否かはそれほど重要ではありません。神話が存在する理由は、その民族の象徴であり、意味であるからです。『檀君神話』は、天の神の息子がこの地に降臨してきて、宇宙の木である神壇樹の前でこの世を創り、人々と共に生活する話です。そのハイライトは結婚式です。天があり、地があり、植物を代表する宇宙の木があり、動物を代表する熊がいる。その間に人がいる。全ての宇宙が集まって宴会をするのが、結婚式。この結婚から檀君が生まれる。現代を生きるわれわれがそのような全宇宙の美しい祝福を受けて生まれてきたということを伝えている話です。檀紀(檀君紀元)とは、「三国遺事」で伝えられる檀君(タングン)の朝鮮建国を称える年号のこと。「三国遺事」以下、各種史料では建国年次が一定していなかったが、1485撰述の「東国通鑑」が「唐堯の即位25年・戊辰」と特定して以来、紀元前2333年建国という認識が定着するようになった。檀紀は、日本からの独立を果たした大韓民国で公用紀元として採用された年号で、檀君(タングン)の朝鮮建国と伝えられる前2333年を元年とし、陰暦10月3日を開天節と定めている。1961年まで用いられたが、1962年の憲法改正(第三共和制)の際に、西暦に改められた。(東アジア-朝鮮、檀君朝鮮-)
-2333『朝鮮』名の由来です。『朝』とは、時の「朝廷」…中国「周」や「秦」「漢」「後漢」などから「清」国までの歴代中国史。『鮮』とは、「物請う、物乞う」つまり、朝廷に物乞う人々の国です。歴代中国側は、日本国側も貢物を差し出せばその地の統治者として認めるような外交をするも、日本があまりにも離れ地(難海を隔てた場所)の為に関与ができなく、属国化できなかった。しかし、朝鮮半島は、まさしく「物乞う」国として属国できたので『朝鮮』名を命名したのです。それが現在も続いている名称です。「朝鮮」の朝は、宗主国に献上する貢物を表します。そして「朝鮮」の鮮は、少ないという意味があります。中国には朝鮮半島の傀儡王朝から、財宝、作物、奴隷が献上されたという記録が残っています。国の名前を中国に決めてもらうとき、朝鮮のほうからも「朝鮮」を含むいくつかの名前を候補にお伺いを立てているわけです。朝鮮側は当然「朝のあざやかな国」、のつもりでその名前を考えたわけですが、中国側はリストにある「朝鮮」の文字を見て「貢物の少ない国」となった様です。(東アジア-朝鮮、檀君朝鮮-)
-2333壇君王倹,阿斯達に都を開く.古朝鮮建国檀君朝鮮(檀君神話)(三国遺事)
古朝鮮時代
朝鮮半島の歴史は、BC2333年の檀君(だんくん・タングン)による建国神話からはじまり、一般的に前漢武帝に侵攻を受ける以前の、檀君朝鮮からはじまって、次の箕子(きし・キジャ)朝鮮を経て、衛氏(えいし・ウィシ)朝鮮までの三王朝を、古朝鮮時代と呼び、BC108年、漢の武帝に征服される。檀君と箕子は、神であり人間である神話・伝説の世界の歴史である。支配地域は大同江から北西の地域。
檀君朝鮮
まず、檀君朝鮮。これは、ほとんど神話のようなお話で実在したかどうかはかなり怪しい・・・。朝鮮民族の始祖とされる檀君という神話上の人物がBC2333年に阿斯達(アサダル、現在の平壌)を都とし朝鮮最初の王国を建国したとされている。国の名称を朝鮮とし、この時代を檀君朝鮮と呼び、1500年続く、神話・伝説の王朝である。その後、いくつかの部族が満州南部地域から朝鮮半島に移動し、檀君が1908歳のとき、国を箕子に譲り、自身は神になって、山に入って行った。(東アジア-朝鮮、檀君朝鮮-檀君朝鮮)
-2000新石器時代晩期-2000-1000(東アジア-朝鮮-縄文時代)
-2000朝鮮あわ、きび、ひえなどを栽培。(東アジア-朝鮮-縄文時代)
-2000鉢・皿・土瓶など土器の形が多様化(東アジア-朝鮮、檀君朝鮮-新石器時代晩期)
-1500-1500年ごろ、中国より農耕伝わる。(東アジア-朝鮮、檀君朝鮮、殷-)
-1300BC1300年頃 無文土器が作られる。(東アジア-朝鮮、檀君朝鮮-)
-1122箕子朝鮮[-1122-194]
中国の殷(いん)の賢人、箕子が、箕子朝鮮を建国する。
箕子朝鮮(?~BC194)
中国の殷(いん)の賢人、箕子(キジャ)が、檀君の王位を継ぎ、箕子(キジャ)朝鮮を建国する。首都は平壌である。箕子朝鮮は、BC194年まで、40世あまり続くことになるが、檀君朝鮮同様、神話・伝説の時代である。
BC4世紀
満州遼寧を中心に、満州と朝鮮半島をつなぐ広い地域を統治する国家に発展した。
 鉄器が普及し始めた。?~BC194年に登場するのが箕子(きし)朝鮮。この王朝に関しても、まだ実在の確認はされていませんが「史記」や「漢書」によれば、殷の箕子が建国したということになっています。(東アジア-朝鮮、檀君朝鮮、箕子朝鮮-)
-1070箕氏朝鮮の誕生(伝説)(東アジア-朝鮮、箕子朝鮮-箕子朝鮮)
-1000無文土器時代[-1000年頃-100年]
無文土器時代前期(-1000-700)
(東アジア-朝鮮、箕子朝鮮-無文土器時代)
-1000BC10世紀頃 朝鮮半島ではこの頃、青銅器時代が始まり、支配階級の武器や装飾品として用いられた。
アワ、ムギ、ダイズ、イネが栽培された。
青銅器の武器を使用し他の部族を制服するなど勢力を拡張していった。
一部の地域で稲作。? 竪穴式住居。
青銅器文化の展開・古朝鮮の発展
青銅器文化が始まる。BC1000年頃
水稲栽培始まる。BC10~8世紀頃(東アジア-朝鮮、箕子朝鮮-)
-1000BC1000頃青銅器文化の展開国史年表(国史年表)(東アジア-朝鮮、箕子朝鮮-青銅器文化)
-1000BC1000頃古朝鮮の発展国史年表(国史年表)(東アジア-朝鮮、箕子朝鮮-)
-800BC800年頃 古朝鮮の実在節有り(東アジア-朝鮮、箕子朝鮮-)
-700無文土器時代中期(-700-300)(東アジア-朝鮮、箕子朝鮮-無文土器時代中期)
-700-700年ごろ、青銅器伝わる。
水稲栽培はじまる(東アジア-朝鮮、箕子朝鮮-)
-400箕子朝鮮(BC4世紀~BC194年)(東アジア-朝鮮、箕子朝鮮-箕子朝鮮)
-400BC400年頃 鉄器文化が普及する。(東アジア-朝鮮、箕子朝鮮-鉄器文化)
-300無文土器時代後期(-300-100)(初期鉄器時代)(東アジア-朝鮮、箕子朝鮮-無文土器時代後期)
-300-300年ごろ、鉄器伝わる。
鉄器文化の普及.農業発達(東アジア-朝鮮、箕子朝鮮-)
-300BC300頃鉄器文化の普及国史年表(国史年表)(東アジア-朝鮮、箕子朝鮮、衛氏朝鮮-)
-195衛氏朝鮮[BC195年ごろ~BC108年](東アジア-朝鮮、衛氏朝鮮-衛氏朝鮮)
-194中国の燕から亡命してきた衛満によって、衛氏朝鮮建国。

中国の燕から亡命してきた衛満によって、箕子子孫から王権を奪い、衛氏朝鮮を建国し、首都を平壌におく。歴史的に検証可能な最初の国家であると、されている。もともと、朝鮮半島は、中国の燕の支配下にあったものだが、その後、衛氏朝鮮が独立国家としての振る舞いを強め、漢の意のままにならないことが、武帝の逆鱗にふれ、BC108年、遠征により滅ぼされることになった。衛氏朝鮮は、約90年続いたことになる。

衛氏朝鮮
燕人の国BC195年ごろ~BC108年そして、いよいよ実在が確認されている衛氏(えいし)朝鮮が登場します。衛氏朝鮮は、中国の燕から亡命した、衛満(えいまん)によって建国されました。史記によれば、朝鮮は戦国の7雄の一つ燕の支配下に入っていた。燕が秦に滅ぼされ、漢が中国を統一すると漢が朝鮮を支配した。漢の高祖(劉邦)は仲のよかった盧綰(ろわん)を燕王に封じるが、その後対立して盧綰は匈奴に亡命する。そして、その家臣衛満は千人余りを従えて朝鮮に入り、王険城(平壌)を首都として衛氏朝鮮を建国した。BC195年頃のことである。衛満古朝鮮の王になる。王都は王険城。BC108年古朝鮮(衛満朝鮮=衛氏朝鮮)の滅亡。しかし、衛氏朝鮮は独立国家として振舞うが、前漢の武帝(ぶてい)によって滅ぼされ、朝鮮半島の大部分は漢の直轄地となった。そこには楽浪郡、真番郡、臨屯郡、玄菟郡の四郡が設置された。その後、真番・臨屯が楽浪郡に併合され、玄菟郡も遼東半島に移転した。後漢末期になると、遼東半島で台頭した公孫氏が楽浪郡を支配し、その南に帯方郡を設置した。BC108年頃、前漢、衛氏朝鮮を滅ぼし、楽浪郡など四郡を設置。

衛満,王倹城に攻め入り,準王を追放して古朝鮮の王となる

衛満の執権
西方地地方で勢力を養った衞満が準王を追い出し古朝鮮の王となった。(BC194年)
この時期鉄器文化が広がり、また、韓半島南部地方の辰の諸国は漢との中継貿易で強国となった。(東アジア-朝鮮、衛氏朝鮮-)
-194衛満、古朝鮮の王となる国史年表(国史年表)(東アジア-朝鮮、衛氏朝鮮-)
-194衛満の執権
 西方地地方で勢力を養った衞満が準王を追い出し古朝鮮の王となった。(BC194年)
 この時期鉄器文化が広がり、また、韓半島南部地方の辰の諸国は漢との中継貿易で強国となった。(東アジア-朝鮮、檀君朝鮮、箕子朝鮮-)
-108漢直轄支配植民地)[紀元前108年~220年](よいこの正しい半島歴史年表)(東アジア-朝鮮-)
-108衛氏朝鮮滅亡(東アジア-朝鮮、衛氏朝鮮-衛氏朝鮮)
-108前漢の武帝により,衛氏朝鮮滅亡
前漢,楽浪郡など郡県設置.地域土着民の反発を受ける

衛氏朝鮮が滅亡すると、漢は、ここに、楽浪(らくろう)郡、真番郡、臨屯郡、および玄菟(げんと)郡の4つの郡をおき、直轄地として支配することになる。この直轄支配は、約400年続いた。

朝鮮半島、中国支配の始まり(BC108ー313)
紀元前108年に前漢の武帝(ぶてい)によって、衛氏朝鮮が滅ぼされると朝鮮半島の大部分は中国王朝の支配下に入ることになります。そこで武帝は征服した地を4つに分け漢四郡設置します。&ref(): File not found: "image121.jpg" at page "古朝鮮時代";;この前漢はやがて衰退していき、継ぐ新(しん)そして、後漢も西に進出したり、北からの脅威に備えたりで、徐々に朝鮮への支配は弱まっていきます。そして、3世紀になると(文章にしてしまえば、短いですがBC108年からですからかなり長い年月が経ってますよぉ)、豪族の公孫氏(こうそんし)が朝鮮半島支配に動き出しました。この公孫氏は、本来は魏王朝から遼東地方の支配を任されていた豪族。&ref(): File not found: "image19.jpg" at page "古朝鮮時代";;しかし、この頃の中国は、あの有名な三国志の時代です。激しい戦乱の中、こっそり魏の目を盗んで朝鮮半島の中国勢力の拠点である楽浪郡を裂いて帯方郡(たいほうぐん)を設置してしまいました。ですが、この公孫氏も238年には魏によって滅ぼされてしまいます。(東アジア-朝鮮、衛氏朝鮮、前漢-)
-108古朝鮮滅亡国史年表(国史年表)(東アジア-朝鮮、衛氏朝鮮、前漢-古朝鮮滅亡)
-108原三国時代(BC108-4世紀中葉)(東アジア-朝鮮、高句麗、百済、前漢-)
-108紀元前108年~220年:漢(植民地よいこの正しい半島歴史年表(東アジア-朝鮮、新羅-)
-108武帝が朝鮮に楽浪・真番・臨屯・玄菟など4郡設置(東アジア-朝鮮、前漢-)
-108漢、郡県設置国史年表(国史年表)(東アジア-朝鮮、前漢-)