歴史・人名

大浦為則

大浦為則

(おおうらためのり)
1520年(永正17年) - 1567年(永禄10年)
父・大浦政信
養子・津軽為信

戦国時代 (日本) 戦国時代・津軽地方の武将。大浦政信の嫡男。津軽為信の養父。
1541年に父・政信が戦死したため、家督を相続するが、病弱なために政務は家臣に任せていたと言う。娘・戌姫を津軽為信(津軽為則の弟・大浦守信の子)に娶わせて養嗣子として迎えた。

津軽家