歴史・人名

火明命

日本の神

火明命(読み)ほのあかりのみこと
デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説
火明命 ほのあかりのみこと
天火明命(あめのほのあかりのみこと)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例
大辞林 第三版の解説
ほあかりのみこと【火明命
日本書紀に見える神。瓊瓊杵尊ににぎのみことの子。尾張連おわりのむらじなどの祖先。火照命ほでりのみこと。
② 「播磨国風土記」に見える神。大己貴神おおあなむちのかみの子。あまりの気性の激しさに、この神のもとを逃げ出そうとした大己貴神の船を破壊した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報
精選版 日本国語大辞典の解説
ほのあかり‐の‐みこと【火明命
日本書紀」に見える神。皇孫瓊瓊杵尊の子。母の木花開耶姫が皇孫の子であることを明らかにするために室に火を放って生んだ三神の一つ。