歴史・人名

稚渟毛二派皇子

稚渟毛二派皇子(わかぬけふたまたのみこ)
不詳
別:稚野毛二派皇子(わかのけふたまたのみこ)(日本書紀)、若野毛二俣王(わかぬけふたまたのみこ)(古事記)、稚渟二派皇子(わかぬけふたまたのみこ)、稚渟毛二岐皇子(わかぬけふたまたのみこ)、若沼(野)毛二俣王
父:応神天皇
室:弟日売真若媛(父:河派仲彦王)
子:意富富杼王、忍坂大中姫(夫:允恭天皇)、衣通姫(夫:允恭天皇)
記・紀にみえる応神天皇の皇子。
日本書紀」によれば、母は弟媛(おとひめ)。娘の忍坂大中姫(おしさかのおおなかつひめ)が允恭(いんぎょう)天皇の皇后となる。「古事記」では、母は咋俣長日子(くいまたながひこ)王の娘の息長真若中比売(おきながまわかなかひめ)。意富富杼(おおほどの)王ら7人をもうけた。