歴史・人名

綏靖天皇

神武天皇

綏靖天皇

すいぜいてんのう

(-632..~-549.5.10)

別名:神渟名川耳尊(かむぬなかわみみのすめら)

父:神武天皇(じんむてんのう)の第三子

母:媛蹈韃五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめ)

妻:五十鈴依媛命(いすずよりひめ)(母の妹)

子:磯城津彦玉手看天皇安寧天皇

第2代天皇

天皇は風采が整い、立派であった。幼い頃より気象が雄々しく、壮年になって要し優れ堂々としていた。武芸に優れ志は高く厳かであったという。

神武天皇の没後長兄の手研耳尊が自分たち異母弟を殺害しようとしているのを知り、これを討って即位する。

葛城高丘宮(奈良県御所市)に皇居を定め、母の妹である五十鈴依媛を娶って皇后とする。
在位33年で没し、大和の桃花鳥田丘上陵に葬られた。

皇居・葛城高丘宮(かつらぎのたかおかのみや)

陵墓・陵名: 桃花鳥田丘上陵(つさだのおかのえのみささぎ)

古墳: 塚山古墳

形状: 円丘

所在: 奈良県橿原市四条町

略歴 (紀元前)

BC632--神武29年 生誕

BC619--神武42年01月03日 立太子

BC582-己卯-11月 腹違いの兄手研耳尊を討つ

BC581-庚辰-綏靖01年01月08日 即位

BC580-辛巳-綏靖02年01月 五十鈴依媛を皇后とする

BC578-癸未-綏靖04年04月 兄の上八井耳尊が没す。畝傍山の北に葬る。

BC577-甲申-綏靖05年 磯城津彦玉手看尊(安寧天皇)生誕

BC557-甲辰-綏靖25年01月07日 磯城津彦玉手看尊(安寧天皇)を皇太子とする

BC549-癸丑-綏靖33年05月10日 崩御

彦五瀬命
稲飯命
三毛入野命
神武天皇
媛蹈韃五十鈴媛命手研耳尊
神八井命
綏靖天皇
五十鈴依媛安寧天皇
渟名底仲媛命