歴史・人名

陽成天皇

第57代陽成天皇(ようぜいてんのう)、貞明(さだあきら)
父・清和天皇  母・藤原高子
皇妃・綏子内親王
皇居・平安宮

9歳で即位して藤原基経が前代に続いて摂政となった。
「悪君の極」「物狂いの帝」といわれるほど奇行乱行が多く、病気を理由に廃位させられる。

陵墓 陵墓:神楽岡東陵(かぐらがおかのひがしのみささぎ)
陵形:八角丘、空掘
場所:京都市左京区浄土寺真如町
略歴 (9世紀)(10世紀)
868-戊子-貞観10年12月16日 生誕
869-己丑-貞観11年02月01日 立太子
876-丙申-貞観18年11月29日 即位
884-甲辰-元慶08年02月04日 退位
949-己酉-天暦03年09月29日 崩御 82歳


陽成天皇(貞明親王)

  生没年:868-949
  父:清和天皇
    869-876 皇太子
    876-884 陽成天皇
  皇后:姉子女王
  女:(父:主殿頭 藤原遠良)
    890-943 元良親王
    -958 元平親王
  妃:従三位 ?子女王
    901-976 二品式部卿 元長親王(子:中務少輔侍従 源兼明)
    -964 三品弾正尹 元利親王(子:平子女王、中務大輔 源忠時)
    -922 長子内親王
    -930 儼子内親王
  女:
    884-950 正三位大納言 源清蔭(陽成源氏
  女:(伴氏)
    -936 従三位刑部卿 源清鑒
  女:(佐伯氏)
    -996 刑部卿従四位上 源清遠
  妃:簡子内親王(父:光孝天皇
  妃:綏子内親王(父:光孝天皇