歴史・人名

黒田家

黒田家 久留里藩 石地抜き木瓜 3万石
上総望陀郡久留里(千葉県君津市)   譜代 城主

移封加減増履歴・元禄16年→真壁下野芳賀郡の内で1万5000石・宝永4年→武蔵播磨の内で2万石・享保17年→上野沼田2万5000石・同年→武蔵児玉比企高麗の内から5000石加増・寛保2年→上総久留里

江戸城詰席・雁之間 子爵 上屋敷・下谷広小路

参勤・参府12月、帰国8月

人口・士族1189人、家数253軒。卒族143人、74軒。平民2万766人、家数4465軒

                      明治2年現在

藩祖直邦の父中山直張は、28代宣化天皇の曾孫多治比古王の後裔とされる武蔵七党の一つ丹党加治氏の一族。中山と称したのは武蔵高麗郡中山に居住したことからといわれる。

藩祖黒田直邦(なおくに)中山直張の三男従四位下侍従
2代黒田直純(なおずみ)田中藩本多正矩の子家督・享保20年(1735)相続従四位下大和守
3代黒田直亨(なおゆき)藩祖直邦の四男家督・安永5年(1776)相続従五位下豊前守
4代黒田直英(なおひで)直亨次男家督・天明4年(1784)相続従五位下和泉守
5代黒田直温(なおあつ)直英次男家督・天明6年(1786)相続従五位下大和守
6代黒田直方(なおかた)3代直亨の三男家督・享和元年(1801)相続従五位下豊前守
7代黒田直候(なおよし)鶴岡藩酒井忠徳の四男家督・文化9年(1812)相続従五位下豊前守
8代黒田直静(なおちか)6代直方の三男家督・文政6年(1823)相続従五位下豊前守
9代黒田直和(なおやす)7代直候の次男家督・安政元年(1854)相続従五位下伊勢守
10代黒田直養(なおたか)6代直方の七男直古の長男家督・慶応2年(1866)相続従五位下筑後守

中山直張の三男━┳━
        ┣━
        ┗━藩祖・黒田直邦━┳━女子(小幡藩松平忠暁室)
                  ├─養子黒田直基(旗本滝川元長の長男、病没)
                  ├─養子黒田直純(2代・本多正矩の子)━━┓
                  ┣━女子(直純室)            ┃
                  ┣━女子(綾部藩九鬼隆寛室)       ┃
                  ┣━女子(湯長谷藩内藤政醇室)      ┃
                  ┗━黒田直亨黒田直純養子、3代)    ┃
                                       ┃
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
├─養子黒田直亨(3代)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┣━女子(多度津藩京極高慶室)                        ┃
┣━女子(田中藩本多正珍養女)                        ┃
┗━女子(旗本津軽著高室(著高は黒石藩遠祖))                ┃
                                       ┃
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┣━
┣━4代黒田直英━━━━━━━┳━
┣━黒田直方(直温養子、6代)┗━5代・黒田直温───養子黒田直方(6代)━━┓
┗━黒田親足(旗本津軽典暁養子、陸奥黒石藩藩祖)               ┃
                                       ┃
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┣━黒田直明
├─養子黒田直巷(下手渡藩立花貫長の子)
├─養子黒田直候(7代・鶴岡藩酒井忠徳の四男)─┬─養子黒田直静(8代)
┣━黒田直静黒田直候養子、8代)       ┣━黒田直知(直静養子、9代)┓
┗━女子(田中藩本多正意養女)         ┗━女子(鶴岡藩酒井忠器養女)┃
                                       ┃
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┣━養子黒田直和(9代)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗━黒田久恒(一宮藩加納久徴養子)                      ┃
                                       ┃
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┗━10代・黒田直養(6代黒田直方の七男、黒田直古の長男)