歴史・人名

尼子政久

尼子政久

(あまご まさひさ) 1488~1518 

○民部少輔
◇父:尼子経久 室:山名兵庫頭女 子:尼子千代童子、晴久
 出雲・尼子経久嫡男。武勇、思慮に長けた智勇兼備の将として、父尼子経久の期待は大きかった。又軍略のみならず、詩歌管弦にも高い評価を得ており、花実相の大将と評された。1518年出雲・麻石山城に籠城する桜井宗的を囲んで兵糧攻めにした際、厭戦を慰労し、城兵の士気低下を図るため、宴を催して政久自身も得意の笛を吹いていたところ、笛の音めがけて放たれた矢が見事に尼子政久に命中、31歳の若さで亡くなったという。61歳の尼子経久はこれを聞き、“瞋れる眼に紅の涙流し”深く悲嘆したという。尚、この後尼子経久は麻石山城の強襲を命じ、桜井宗的は自害、城兵は皆虐殺された。

尼子経久尼子政久┳尼子千代童子
         ┗尼子晴久