歴史・人名

天之常立神

天之常立神

あめのとこたちのかみ

別名
天常立尊:あめのとこたちのみこと
天底立神:あめのそこたちのかみ
天角凝魂神:あめのつぬごりたまのかみ
天角凝命:あめのつぬごりのみこと
天之登許多知神:あめのとこたちのかみ
……

天地開闢の神々の一柱。

古事記』では、八百万神に先駆け、天之御中主神高御産巣日神神産巣日神の 造化三神の次に宇摩志阿斯訶備比古遅神が生まれ、次に生まれた天之常立神を加えて、別天神という。

日本書紀』の一書では、天地が分かれた時、葦の芽のように空の中に最初に生まれた神とある。

天地の軸のような神で、『先代旧事本紀』では天之御中主神と同神とある。