歴史・人名

相模・北条氏

相模・北条氏最期の当主

北条氏直(ほうじょう うじなお) 1562~1591
○国王丸 新九郎 見性斎 左京大夫
◇父:北条氏政 室:徳川家康女
 相模・北条氏最期の当主。実際に実権は父北条氏政が握っていたようである。1582年滝川一益を上野・神流川に敗る。その後、三河・徳川氏と和を結んで、甲斐・武田氏の旧領を分けて上野を領する。1589年真田昌幸の上野・名胡桃城を攻めたことから、豊臣秀吉の小田原征伐の口実を与えた。氏直は一族の氏規と共に和平派であったが、父北条氏政北条氏照ら主戦派に押されて、結局秀吉の侵攻を籠城戦で迎えるが、内部の一致を欠き降伏、高野山配流となった。翌年30歳で没。