歴史・人名

人名し

志賀武治(しがたけはる)
15??~15??
岩城家臣。通称甘釣斎玄胡。佐竹、伊達間の調停、岩城、伊達の和睦など、外交的役割を担っていた。
宍戸隆家(ししど たかいえ)
1518~1592 
○元家 安芸守
◇父:宍戸弥三郎元家? 室:毛利元就女 子:宍戸弥三郎元秀
 安芸・五竜城主。宍戸氏は藤原北家八田氏の流れで、常陸を発祥とする。建武年間、安芸に移り住んだ。父元源が安芸・毛利氏と結び、元就の女を隆家が娶って毛利一門と同様の扱いを受ける。以後、主に吉川元春と行動を共にして、毛利氏発展の為に尽くして活躍し、一門の筆頭として遇される。75歳で亡くなった。
柴田勝家(しばた かついえ)
????~1583 
○権六 修理亮
◇父:柴田土佐守義勝? 室:織田信秀女 子:柴田権六郎勝敏?、庄左衛門勝里?、長三郎勝忠? 養子:柴田(吉田)伊賀守勝豊、(佐久間)三左衛門勝政、(佐久間)勝久
 斯波氏の庶流か。尾張・織田信秀に仕え、その次子信勝の家老となる。1556年信勝を擁して謀反を起こすが、信勝の兄信長に敗れる(稲生の戦い)。後に信勝を見限って信長に仕え、尾張統一、上洛等に諸戦にめざましい武勇を示し、"甕割柴田""鬼柴田"と異名をとる。1575年には越前一向一揆を平定し、北庄城主なって、織田軍の北陸方面攻略を任される。加賀、能登を平定後、1581年越中平定戦を開始するが、翌年明智光秀に信長が殺された(本能寺の変)時、松倉城攻略中で越後・上杉軍と対峙していた為、引き返すことができず、光秀討伐に間に合わなかった。清洲会議で、烏帽子親になった信長3男信孝を擁すが、羽柴秀吉らと対立。信孝、滝川一益らと共同戦線を張り、1583年近江・賤ヶ岳で秀吉と戦うが敗走、北庄城にて城を囲まれ自刃した。
新発田重家(しばた しげいえ)
1547?~1587 
○源太 治長 因幡守 五十公野氏
◇父:新発田伯耆守綱貞 兄:新発田尾張守長敦
 佐々木加地氏の裔。越後・長尾氏臣。初め五十公野氏を継ぐが、兄死後新発田氏に戻る(五十公野氏は妹婿長沢信宗が継ぐ)。智勇に優れ謙信の下活躍し、その死後は景勝を助けた。しかし、恩賞の不満から背いて織田信長に通じて争う。景勝を苦しめるが信長の死で後楯を失い、1587年ついに敗れ落城、自害した。
島清興(しま きよおき)
????~1600 
○勝猛 友之? 昌仲 左近
◇父:島友武 子:島新吉信勝、新助友勝
 大和・筒井順慶家臣。河内・畠山義就の軍に平群谷にて攻撃を受けた際、地の利を活かして義就軍に潰滅的打撃を与え、軍師として名をあげた。伊賀の織田信孝攻めでは不覚をとり負傷している。順慶の後継筒井定次に諫言し容れられず、筒井家を退去しその後、豊臣秀長、秀保に仕えその死後、豊臣秀吉腹心石田三成より破格の1万数千石で迎えられ、世の注目を浴びた。しかし、関ヶ原の合戦では西軍三成の前衛となり、東軍黒田、細川勢に向かい、銃弾を受けて戦死したといわれる。
島親益(しま ちかます)
????~???? 
○長宗我部氏 弥九郎 親房
◇父:長宗我部国親 子:島五郎左衛門
 土佐・長宗我部の一族。父国親が家臣島某の妻に手を出し生ませた子であったことから、島姓を名乗っていたという。武術に優れ、土佐の豪族本山氏、安芸氏攻め等で活躍した。しかし、病にかかり、療養に出かける途上阿波海部の港にて、豪族海部友光に襲われ討たれた。
島津家久(しまづ いえひさ)
1547~1587 
○又七郎 中務少輔
◇父:島津貴久 室:樺山安芸守善久女 子:島津豊久、忠仍(東郷重虎)、樺山緒左衛門、東郷九右衛門、島津清右衛門、東郷市左衛門
 薩摩・島津氏一族。軍略に優れ、各地を転戦活躍する。肥前・龍造寺氏攻略の際には大将を務め、10倍の軍勢を打ち破る。しかし、豊臣秀吉の九州征伐に降伏。秀吉の弟秀長に招かれ酒宴に出た時、急に苦しみ息絶えた。家久の武勇を怖れ毒殺されたといわれる。
島津勝久(しまづ かつひさ)
1503~1573
○宮房丸 又八郎 八郎 忠兼 義忠 左衛門尉 修理大夫 陸奥守
◇父:島津陸奥守忠昌 室:島津薩摩守忠興女、禰寝式部大輔重就女 子:島津忠良、久孝、又四郎、宗俊 養子:島津貴久
 兄二人の死により、若年にして第14代薩摩守護職を継いだ為、妻の兄薩州家島津実久を執権とする。しかし、実久は専横な振舞をするようになり、成長してきた勝久と不和になって、勝久は実久を執権から外し追い出した為、実久の攻撃を受けた。そこで勝久は相州家島津忠良を頼り、その長子貴久を養子として跡を譲るが、しばらくすると今度は実久に担がれ、守護に返り咲こうとして、忠良・貴久と不和となる。しかし家中に離反され孤立し、薩摩を身一つで逃げ出して、最期は豊後にて行き倒れ状態で亡くなったといわれる。
島津貴久(しまづ たかひさ)
1514~1571 
○虎寿丸 又三郎 伯囿 三郎左衛門尉 修理大夫 陸奥守
◇父:島津忠良 養父:島津勝久 室:入来院重聡女、肝属兼盛女、広瀬氏女 子:島津義久、義弘、歳久、家久
 薩摩・島津氏本家勝久の養子となり、本家を継ぐ。しかし、養父とは不仲となり、実父忠良と共にこれと争い勝った。その後、島津氏の勢力を伸ばして敵対する近隣の国人と争うが、大隅平定の時、急病に倒れ亡くなった。忠良と共に島津氏中興の祖とされる。
島津忠恒(しまづ ただつね)
1576~1638
○米菊丸 又八郎 家久 陸奥守 薩摩守 大隅守 左少将 参議 中納言 松平氏
◇父:島津義弘 室:島津義久女、島津忠清女、鎌田氏女、相良氏女、宮原氏女、牧氏女、崎山氏女、家村氏女、川村氏女 子:島津兵庫頭、左近衛中将光久、忠朗、北郷久直、島津忠広、町田忠尚、島津忠紀、禰寝重永、島津久雄、鎌田政勝、伊集院久国、島津忠心、伊集院久朝、伊勢貞昭、樺山久尚
 薩摩・島津義弘の三男。幼時より武を好み、父と共に朝鮮出征に参加して勇名をはせる。帰国後、主家を蔑ろにする伊集院忠棟を京都伏見にて誅し、本国にて反旗を揚げた忠棟の一族を討った。関ヶ原の戦い後、家督を継いで徳川家康に拝謁し、松平の家号を許され、諱を受けて家久と名乗る。1609年琉球へ樺山久高らを派兵、尚寧を降し管轄とした。
島津忠将(しまづ ただまさ)
1520~1561 
○又四郎 右馬頭 政久
◇父:島津忠良 室:島津相模守運久女、佐多忠成女 子:島津以久
 薩摩・島津氏一族。軍事面で活躍しその武勇は近隣に響いていたが、大隅・肝属氏との戦いにて、部将町田伊賀守の勇み足の為、挟撃を受けて戦死した。
島津忠良(しまづ ただよし)
1492~1568
○菊三郎 三郎左衛門尉 相模守 日新斎
◇父:島津善久 養父:島津運久 室:島津成久(重久)女、上木筑後守貞時女 子:島津貴久、忠将、左衛門尉尚久
 父善久は島津伊作家8代目当主久逸長子。しかし、父は早くに死に、母が島津相州家の運久に再嫁した為、相州家を継いだ。その後、嫡子貴久を本家勝久の養子として本家を継がせ、反抗する同族、豪族をまとめ上げる。その後島津氏の勢力を伸ばしていき、島津氏中興の祖と呼ばれた。
島津歳久(しまづ としひさ)
1537~1592 
○又六郎 左衛門督
◇父:島津貴久 養子:島津三郎次郎忠隣
 薩摩・島津氏の一族。豊臣秀吉の九州征伐では最後まで抗戦しようとしたが、説得され降った。しかし、豊前・平戸にて島津家臣による梅北の乱が起こった時、歳久の家臣も多く参加していたことから、歳久にも謀反の嫌疑がかかり、竜ヶ水に籠もった。しかし、敵わず自害して果て、首は京のもどり橋に晒された。
島津豊久(しまづ とよひさ)
1570~1600
○豊寿丸 又七郎 忠豊 中務少輔
◇父:島津家久 室:島津忠長女 養子:島津忠栄
 薩摩・島津氏一族。関ヶ原の戦いにおいて、敗れた西軍についた島津軍が退却する際、大将島津義弘を逃がすため殿軍を務め、現れた東軍福島正之勢に義弘を名乗って斬り込み討ち死にした。
島津久保(しまづ ひさやす)
1573~1593
○又一郎
◇父:島津義弘 室:島津義久女
 薩摩・島津義弘の2男。父と共に朝鮮出征に参加するが、陣中において病死した。日本軍の兵糧不足による栄養失調の為といわれる。21歳。
島津以久(しまづ もちひさ)
1550~1610 
○又四郎 幸久 征久 行久 右馬頭
◇父:島津忠将 室:北郷時久女、原氏女、松本氏女、岩本氏女 子:島津守右衛門彰久、入来院弾正少弼重時、島津右馬頭忠興
 薩摩・島津氏一族。各地を転戦し功をたてる。島津豊久が関ヶ原の合戦で戦死し、絶えた佐土原島津家の後を継いで佐土原藩初代藩主となる。居城、城下の整備を行い、諸士禄高に応じ「田免征矢」を納めさせる等、理財に長じていた。
島津義久(しまづ よしひさ)
1533~1611 
○虎寿丸 又三郎 忠良 義辰 龍伯 三郎左衛門尉 修理大夫
◇父:島津貴久 室:種子島時堯女(島津忠良養女)、島津忠良女
 第16代薩摩守護島津氏当主。弟義弘と協力して、豊後・大友氏、肥前・龍造寺氏ら有力大名を打ち破り九州を掌中にする。しかし、豊臣秀吉の九州征伐を受け、抗戦するも敵わず降伏し、薩摩・大隅2国と日向の一部を安堵された。関ヶ原の戦いでは、西軍につき敗戦した義弘に代わり上京、家康に謝罪している。古今伝授を受け、教養高い武将でもあった。
島津義弘(しまづ よしひろ)
1535~1619 
○又四郎 忠平 義珍 惟新斎 兵庫頭 少将 参議 羽柴薩摩侍従
◇父:島津貴久 養父:島津尾張守忠親 室:北郷忠孝女、広瀬助宗養女(園田清左衛門女) 子:島津鶴寿丸、久保、忠恒、万千代丸、忠清
 薩摩・島津氏一族。当主の兄義久を助け、各地を転戦武名を轟かせた。その武名を知る、日向・伊東氏との戦いに苦戦する豊州家島津忠親に請われ養子となり、その戦いを助け日向攻略に貢献する。豊臣秀吉の朝鮮出征の際には、泗川の戦いにおいて10倍以上の朝鮮軍を敗り、"鬼石蔓津"と怖れられた。関ヶ原の戦いではやむなく西軍につくが、大勢が決するや敵中突破退却した。家中の信望厚く義弘が亡くなった際は、木脇祐秀、折田和泉ら13名が後を追い禁制の殉死を遂げている。
清水宗治(しみず むねはる)
1537~1582 
○長左衛門尉
◇室:石川久孝女 子:清水宗之(行宗?)、景治
 備中・高松城主となり、安芸・毛利氏傘下の武将となる。尾張・織田氏の部将羽柴秀吉に攻められたとき、3万の兵に囲まれ籠城するが、水攻めに遭う。毛利の援軍は中々近づけず、高松城は堅く容易に落ちなかったものの、脱出は不可能であった。戦線は膠着し、本能寺の変が発生したこともあって講和が成ったが、その条件として宗治は城から小舟に乗って出、潔く自刃した。
清水康英(しみず やすひで)
????~1591
○康実 太郎左衛門尉 上野介
◇子:清水正次
 相模・北条氏の評定衆として軍務内政に参画。伊豆衆筆頭。豊臣秀吉の小田原征伐を前に、伊豆・下田城主となる。しかし、長宗我部元親、脇坂安治の大水軍の攻撃を受けて、籠城戦の末開城。小田原落城の翌年死去。
白石家臣団(しらいしけかしんだん)
調査中。
白石実綱(しらいしさねたね)
15??~15??
刈田郡白石城主。伊達家臣。1544年「天文の乱」では伊達晴宗に属して功績を挙げた。
白石宗実(しらいしむねざね)
1553~1599
白石宗利の男。白石宗実は勇将で、伊達輝宗伊達政宗父子に従って相馬家との戦いに従軍。1585年「人取橋の戦い」、1589年「摺上原の戦い」、1593年「文禄の役」など多くの合戦に参加して武功を挙げて活躍した。また武功だけでなく、二本松城の畠山家と激しい抗争を繰り広げていた伊達家に対し、相馬義胤から和睦勧告の提示があり、白石宗実はこれを伊達政宗に取り次ぎ和睦成立に貢献した。1586年、大内定綱の旧領・安達郡塩松33邑を加増され、宮森城主となった。1591年「葛西大崎一揆」鎮圧後、伊達家が岩出山城に移封となった際に安達郡を没収されたため、代わりに胆沢郡水沢城主となり15,000石の所領を与えられた。
白石宗利(しらいしむねとし)
15??~15??
白石実綱の男。1570年、中野宗時、牧野久仲親子が謀反を起こした際に自領の白石を通過した中野宗時らを捕らえられなかった事により伊達輝宗の怒りを買い赦免された。
白石宗直(しらいしむねなお)
1577~1629
梁川宗清の男。白石宗実の養子。室は白石宗実の娘。1599年、白石宗実の養子となり、白石宗直と名乗った。1600年「関ヶ原の戦い」では越後長尾景勝の領土となっていた「白石城の戦い」「出羽合戦」で最上義光の援軍として活躍した。伊達政宗の命を受け、南部家に反乱を起こした和賀忠親を支援する。伊達政宗から登米を与えられ入部。城下町の発展や河川の整備などに積極的に取り組み、領地を大いに発展させた。1614年「大坂の陣」では宇和島で伊達秀宗を出迎え「道明寺の戦い」などで大いに功をあげた。
白土左近(しらとさこん)
15??~15??
白河結城家臣。天正初期に佐竹家に従い、佐竹東家義久の麾下に属した。1584年、佐竹義久の命で所領を赤館城番の将士に与えた。
白土隆顕(しらとたかあき)
15??~15??
官途は下総守。白土隆通、白土隆良父子との関係は不明。
白土隆通(しらとたかみち)
15??~15??
岩城家臣。官途は摂津守。甘釣斎と共に伊達家との折衝にしばしばあたっている。佐竹家から岩城貞隆を迎える為に尽力、増田長盛を通じて羽柴秀吉の許可を取り付け、岩城家の存続を得た。白土家は岩城枝連衆である。
白土隆良(しらとたかよし)
15??~15??
白土隆通の男。官途は右馬助。
白土弾正忠(しらとだんじょうのちゅう)
15??~15??
白河結城家臣。1575年、佐竹家に転仕して佐竹東家義久に属した。佐竹義久の命を受け、陸奥南郷、赤館方面で足軽衆を指揮した。
新庄直頼(しんじょう なおより)
1538~1612
○新三郎 駿河守
◇父:新庄直昌 室:佐久間盛重女?前田利太女? 弟:新庄直房(直忠?) 子:新庄越前守直定、堀因幡守秀信
 北近江・浅井氏臣。藤原秀郷流と称す。姉川の合戦では第4陣を任せられ参加している。その後、織田信長、豊臣秀吉に仕え、摂津・高槻城3万石を得るが、関ヶ原の戦いでは西軍についた為、所領を没収される。会津・蒲生氏預かりの身となるが、その後許され、常陸・麻生藩初代藩主となった。
信松院(しんしょういん)
別:武田松姫
武田信玄の六女。武田松姫。母は油川氏 七歳で織田信長の嫡男・奇妙丸と結納を取りかわすが、織田家と手切れとなり婚姻には至らなかった 信玄の死後は兄の仁科盛信の信州・高遠城に身を寄せる。織田軍の高遠攻めで脱出し八王寺・心源院に逃れた 本能寺の変後に婚約者・信忠の死を知り、髪を下ろし信松尼と称した 徳川家康の家臣となった武田の旧臣・大久保長安の援助で八王子信松院を建立した
進藤賢盛(しんどう かたもり)
????~????
○小太郎 秀盛? 山城守
◇父:進藤盛高?
 南近江・六角氏の二大家老として、後藤氏と並んで"両藤"と呼ばれた実力者。幕府との渉外等を担当するが、1563年当主六角義治は、日頃から煙たく思っていた両藤の1人、後藤賢豊を謀殺したため、これに怒って他の家臣と共に観音寺城外へ退去するという"観音寺騒動"を起こした。後に六角氏と和するが、1568年尾張・織田信長が侵攻してくると、六角氏を見限って信長に臣従し、佐久間信盛の与力となる。信盛が追放後は、信長の旗本として伊賀攻め等に参加。本能寺の変後は織田信雄に仕えたという。