歴史・人名

廃絶大名一覧表・家康時代

家康時代 慶長5年(1600)9月~慶長10年(1605)4月

西暦年月日氏名領地石高摘要理由備考
1600慶長5年9月以降宇喜多秀家備前岡山5740除封関ヶ原の敗戦
青木一矩越前北庄2000除封
小西行長肥後宇土2000除封
増田長盛大和郡山2000除封
石田三成近江佐和山1940除封
織田秀信美濃岐阜1330除封
丹羽長重加賀小松125400除封〔1〕
小川祐忠伊予国府700除封
木下勝俊若狭小浜620除封〔2〕
安国寺恵瓊伊予国内600除封
南条忠成伯耆羽衣石600除封
福原直高豊後府内600除封
毛利吉成豊前小倉600除封
大谷吉継越前敦賀500除封
織田秀雄越前大野500除封
長束正家近江水口500除封
丹羽長昌越前東郷500除封
山口正弘加賀大聖寺500除封
毛利吉政豊前国内480除封
青山宗勝越前丸岡460除封
田丸直昌美濃岩村450除封
伊藤盛正美濃大垣340除封
小野寺義道出羽横手31600除封
石田正継近江国内300除封
新庄直頼摂津高槻300除封〔3〕
原勝胤美濃太田山300除封
島津豊久日向佐土原28600除封〔4〕
堀内氏善紀伊新宮270除封〔5〕
木下頼継越前国内250除封
氏家行広伊勢桑名220除封
岡本重政伊勢亀山220除封
赤座直保越前今庄200除封
荒木重堅因幡若桜200除封
生熊長勝丹波国内200除封
池田秀氏伊予大洲200除封〔6〕
垣見一直豊後富来200除封〔7〕
木下利久領地不明200除封
木下利房若狭高浜200除封〔8〕
木下延重播磨国内200除封
佐藤方政美濃上有知200除封
多賀秀種大和宇陀200除封
戸田重政越前安居200除封
早川長政豊後杵築200除封
丸毛兼利美濃福束200除封
杉若氏宗紀伊田辺190除封
横浜茂勝播磨国内170除封
石田正澄近江国内150除封
氏家行継近江国内150除封
熊谷直盛豊後安岐150除封
寺田光吉大和国内150除封
新庄直忠近江柏原14600除封〔9〕
木村秀望豊後国内140除封
来島長親伊予来島140除封〔10〕
宇多頼忠大和国内130除封
新庄直定摂津国内130除封〔11〕
石川貞清尾張犬山120除封
石川貞通丹波国内120除封
石川頼明播磨国内120除封
糟屋武則播磨加古川120除封〔12〕
平塚為広美濃垂井120除封〔13〕
松浦久信伊勢井生110除封
溝江長晴越前金津10700除封
赤松則英阿波住吉100除封
池田長政領地不明100除封
上田重安越前国内100除封〔14〕
加賀井重望美濃加賀井100除封
垣屋恒総因幡浦住100除封
河尻直次美濃苗木100除封
岸田忠氏大和岸田100除封
木下俊定丹波国内100除封
木村由信美濃北方100除封
杉浦重勝美濃竹ヶ鼻100除封
高木盛兼美濃高須100除封
高田治忠丹波上林100除封
寺西是成伊勢国内100除封
寺西信乗伊勢国内100除封
中江直澄領地不明100除封
服部正栄近江国内100除封
蒔田広定伊勢雲出100除封〔15〕
松浦宗清伊勢国内100除封
毛利秀秋信濃国内100除封
安見勝之伊予麻布100除封
矢部定政領地不明100除封
山口修弘加賀国内100除封
山崎定勝伊勢竹原100除封
慶長5年10月立花宗茂筑後柳川132200除封〔16〕
宮部長煕因幡鳥取1310除封
太田宗隆豊後臼杵650除封
小野木公郷丹波福知山310除封
斎村政広但馬竹田220除封
滝川雄利伊勢神戸200除封〔17〕
高橋直次筑後内山180除封〔18〕
筑紫広門筑後山下180除封〔19〕
奥山正之越前国内110除封
慶長5年10月10日毛利輝元安芸広島12050減封〔20〕
毛利秀元周防山口2000減封〔21〕
小早川秀包筑後久留米1300除封
慶長5年11月長宗我部盛親土佐浦戸2220除封
前田利政能登七尾2150除封
慶長5年12月真田昌幸信濃上田380除封
1601慶長6年2月多賀谷重経常陸下妻600除封
慶長6年8月山川朝信下総山川200除封
慶長6年8月16日上杉景勝陸奥会津12000減封〔22〕
1602慶長7年5月8日佐竹義宣常陸水戸545800減封〔23〕
芦名義広常陸江戸崎450除封
慶長7年7月27日秋田実季出羽秋田1900減封〔24〕
岩城貞隆陸奥磐城平1200除封〔25〕
慶長7年10月18日小早川秀秋備前岡山5740除封無嗣廃絶
慶長7年12月28日日根野吉明信濃高島280減封幼少〔26〕
1603慶長8年9月11日武田信吉常陸水戸1500除封無嗣廃絶
1604慶長9年8月23日大島光義美濃関180分封万石未満〔27〕

〔1〕 子孫は陸奥二本松藩主として存続。

〔2〕 慶長13年(1608)、父の遺領備中足守25,000石を継承。

〔3〕 子孫は常陸麻生藩主として存続。

〔4〕 慶長8年(1603)、同族島津以久が遺領を継承。

〔5〕 子孫は旗本として存続。

〔6〕 子孫は旗本として存続。

〔7〕 子孫は旗本として存続。

〔8〕 子孫は備中足守藩主として存続。

〔9〕 子孫は旗本として存続。

〔10〕 子孫は豊後森藩主として存続。

〔11〕 子孫は常陸麻生藩主として存続。

〔12〕 慶長7年(1602)、幕臣となり、のち再び廃絶。

〔13〕 子孫は旗本として存続。

〔14〕 子孫は旗本として存続。

〔15〕 子孫は備中浅尾藩主として存続。

〔16〕 元和6年(1620)、旧領に復帰し子孫は柳川藩主として存続。

〔17〕 子孫は旗本として存続。

〔18〕 子孫は筑後三池藩主として存続。

〔19〕 子孫は旗本として存続。

〔20〕 周防・長門369,400石に移封。

〔21〕 戦後、毛利宗家から長門長府36,000石を分封。

〔22〕 出羽米沢300,000石に移封。

〔23〕 出羽秋田205,800石に移封。

〔24〕 常陸宍戸50,000石に移封。

〔25〕 子孫は出羽亀田藩主として存続。

〔26〕 下野壬生10,900石に移封。

〔27〕 子孫は旗本として存続。